発達障害児の行動の特徴は何ですか?

発達障害児を特徴づけるのは、

主に社会性の欠如と、創造性の欠如、

そしてコミュニケーション能力の問題です。

 

ですから、
周りを全く考えない行動をすることが多々あります。

 

児童期に良く見られる行動は、

自分の興味のままに行動するので、

他の子どもと同じように集まったり、…

 この記事の続きを読む

発達障害はどんな差別を感じますか?

発達障害児を持ち、

療育センターに小学生の子どもを連れて通う母親に、

悩みについて調査を行いますと、

 

子どもの将来、
子どもが社会で受け入れられるのか、
そして障害に対する偏見

 

の三つが多く回答されます。

その障害に対する偏見について見ていきましょう。…

 この記事の続きを読む

発達障害の治療にどうサプリメントが使われますか?

オーソモレキュラー方法は、

自律神経失調症や発達障害を抱える人が、

栄養アプローチと食事コントロールと点滴による療法の三つで、

症状を軽くしたり、根本的な治療を目指す療法です。

 

もちろん、体質改善を主にしますので、

急激な悪化などが見られた時は対応できません。

 

ですが、どれも化学薬品を用いないので、

副作用がなく長期に継続しても安心です。

 この記事の続きを読む

発達障害児の仕事療法とは何ですか?

発達障害は根本的な治療はできなくても、

より社会や家庭に適応して生活することを目標とした「療育」

というプログラムを受けることで、

本人も周りもストレスを減らすことができます。

 

この療育には多くの種類がありますが、

お仕事つまり作業療法について見てみましょう。

 

作業療法とは、運動機能や精神機能の「基本能力」、

食事やトイレなどの日常活動で用いる「応用能力」、…

 この記事の続きを読む

発達障害を診断するテストには何がありますか?

発達障害があるのか、また、どの程度であるのかを知るために、

心理検査を行います。

心理検査には、発達検査と、知能検査、人格検査の三種類があります。

 

発達障害の程度を見るのにもっとも必要な、

発達検査について見ていきましょう。

 

発達検査で良く活用される検査法に、

「遠城寺式乳幼児分析的発達検査法」があります。

この「遠城寺式乳幼児分析的発達検査法」は…

 この記事の続きを読む

発達障害の症状のチックとは何ですか?

過剰に瞬きをしたり、

顔の一部が瞬間的にピクッと動く症状を

チック症と言います。

 

これは自分の意志とは関係なく動いてしまう症状です。

ADHDなどの広汎性発達障害に、

併発して見られることが多くあります。

 

ですが、一番多いのは一過性のチック症で、

多くの場合は就学前に始まり、1年以内の症状が消えてしまいます。…

 この記事の続きを読む

発達障害者の就職支援には何がありますか?

平成17年4月に「発達障害者支援法」が施行されました。

 

これはこれまでの障害者全般における法律とは異なり、

障害の気づきや対応が遅れがちであった

自閉症やアスペルガー症候群、学習障害、ADHDなどの

広汎性発達障害に対して、

それぞれの障害特性やライフステージに応じた支援を

国や地方自治体、国民の責務として定めた法律です。

 

この中で、第2章の中の「就労の支援」について見てみましょう。…

 この記事の続きを読む

発達障害者の支援には何がありますか?

発達障害者支援法は

国や地方自治体、国民の責務として定めた法律です。

この中で、児童について書かれた第2章の中の

「地域での生活支援」について見てみましょう。

 

都道府県が指定する

指定障害福祉サービス事業者において、

社会生活への適応のための支援として、

平成17年4月に「発達障害者支援法」が施行されました。

 …

 この記事の続きを読む

発達障害の小学生の特徴は何ですか?

先生を中心とした集団生活だけであった

幼稚園や保育園時代とは異なり、

自主性や学習面と言った新しい側面のある小学校生活。

 

小学校に行くことで、

発達障害ではないかと診断を促されることがあります。

 

どのような時に

発達障害の可能性を見つけることがあるのか、見ていきましょう。

 …

 この記事の続きを読む

発達障害の睡眠障害はどう治療しますか?

発達障害は遺伝的要因と脳の器質疾患による先天的な障害です。

根本的な治療はまだ見つかってはいませんが、

薬剤を用いることがあります。

 

発達障害の二次障害として見られる

睡眠障害はどのような治療ができるのか見ていきましょう。

 

発達障害を持つ人が子どもの場合や、

周りの人の理解が十分に得られているときは

薬物療法が必要になることはまずありません。…

 この記事の続きを読む

発達障害者は睡眠にどんな問題を抱えますか?

本人が抱えている困難さを周囲が理解して

対応がうまくできていないために、

本来抱えている困難さとは別の二次的な

情緒的または行動的な問題が表出することを

「二次障害」と言います。

 

アスペルガー症候群の人によく表出する

睡眠障害について見ていきましょう。

 

睡眠障害としての表出

 この記事の続きを読む

発達障害者はストレスを感じるとどう反応しますか?

発達障害は、広汎性発達障害とも呼ばれます。

発達障害がある人は、社会性の欠如が、

特徴として見られることが多いです。

先天的な障害ですので、遺伝的要因や脳の器質疾患による病気で、

後天的に、つまり環境や育て方でなった病気ではないのです。

 

ですが、社会性の欠如ゆえ、ストレスを受けると

過剰な反応をしてしまうことがあります。

それは、パニック症状を起こすことです。

 …

 この記事の続きを読む

発達障害の成人はどんな特徴がありますか?

一生懸命集中しようとしているのに、
気づいたら他のことを考えていたとか、
仕事場や学校で、同じことばかり注意をされてしまう場合、

 

一度、適切な診療を受けてみることがお勧めです。

 

自分の能力の問題ではなく、

ADHDつまり発達障害の一つである注意欠陥障害の可能性があるからです。

 

適切な診断を受け、治療やサポートを受けることで、…

 この記事の続きを読む

発達障害者とどのような接し方ができますか?

本人が抱えている困難さを

周囲が理解して対応がうまくできていないために、

本来抱えている困難さとは別の

二次的な情緒的または行動的な問題が表出することを

「二次障害」と言います。

 

発達障害を抱える人への接し方を変えることで、

二次障害の発症を抑えることができます。

 

アスペルガー症候群の特徴である「こだわり」が強くなると、…

 この記事の続きを読む

発達障害者はどんなセルフチェックができますか?

発達障害は遺伝的要因や脳の器質疾患により、先天的に発症する障害です。

 

根本的な治療と言うのはまだ存在しませんが、

個々の症状に合わせて療育を受けながら、

適応力を増加していきます。

 

学習障害やアスペルガー症候群のように、

年齢が高くなってから気づく人もいます。

 

成人した発達障害の方は、…

 この記事の続きを読む

発達障害者の性格の特徴は何ですか?

発達障害を持つ人も、障害を持たない人も、
性格はひとりひとり異なります。

 

ですから、発達障害の人だからといって誰一人同じ性格はありません。

ですが、障害の種類により、ある傾向は生まれます。

 

例えば、注意欠陥障害(ADHD)は、

多動性と衝動性、そして注意力の欠如を特徴としますが、

主に男性のADHDの患者は

多動性と衝動性の割合が高くみられることが多く、…

 この記事の続きを読む

発達障害は精神科で診断や治療をしますか?

発達障害かなと思ったら、

 

子供の場合は保健所や診療所で、
小児精神科や児童精神科を紹介されることが多いです。

 

ですが、まだ日本では、そんなにどこの病院でもある科ではないので、

一般的に普通の精神科を受診することになります。

 

成人の場合は、初めから精神科に行くことになります。

 …

 この記事の続きを読む

発達障害はどこに相談に行けばよいですか?

発達障害と認定を受けたら、

病状について、また、発達障害によって引き起こされる

不安やうつ状態や不眠などの睡眠障害を相談するときは、

病院の精神科に行きます。

 

一部の大学病院などでは、

小児精神科もあるところがありますので、

児童の場合は小児精神科に行くことができます。

ない場合は、子どもも精神科で受診することができます。

 …

 この記事の続きを読む

発達障害児の多動傾向とは何ですか?

広汎性発達障害の一つに自閉症があります。

自閉症とは決して自分を閉ざしているのではなく、

障害の特徴である社会性の欠如が、

自分を閉ざしているように見えることからつけられた名称です。

 

先天的な障害ですので、

遺伝的要因や脳の器質疾患による病気で、

後天的に、つまり環境や育て方でなった病気ではないのです。

 

自閉症の子供たちには、…

 この記事の続きを読む

発達障害を食べ物で治療できますか?

オーソモレキュラー方法は、自律神経失調症や発達障害を抱える人が、

栄養アプローチと食事コントロールと点滴による療法の三つで、

症状を軽くしたり、根本的な治療を目指す療法です。

 

もちろん、体質改善を主にしますので、

急激な悪化などが見られた時は対応できません。

 

ですが、どれも化学薬品を用いないので、

副作用がなく長期に継続しても安心です。

 …

 この記事の続きを読む

お困りの方へ

アスペルガー・ADHD・発達障害改善マニュアル

Sponsored Link