発達障害に夫がなった時、どうすればよいですか?

発達障害は遺伝的要因や脳の器質疾患により、

先天的に発症する障害です。

 

根本的な治療と言うのはまだ存在しませんが、

個々の症状に合わせて療育を受けながら、

適応力を増加していきます。

 

学習障害やアスペルガー症候群のように、

年齢が高くなってから気づく人もいます。

 …

 この記事の続きを読む

発達障害児との関わり方はどうすればよいですか?

お子さんが発達障害を持つことが分かった時、

また、周りに発達障害児がいる場合、

どのようにかかわるのが良いでしょうか。

 

できたことを評価する

いつもできない事ができた時は、

目を見てしっかりと褒めることが大事です。

 

子どもが大きくなるにつれ、

周りの評価を気にするようになります。…

 この記事の続きを読む

発達障害者は感覚過敏ですか?

発達障害とは、先天的な障害ですので、

遺伝的要因や脳の器質疾患による病気で、

後天的に、つまり環境や育て方でなった病気ではないのです。

 

ですが、感覚が非常に過敏ですので、

ちょっと特徴的な行為がすることもあります。

どのようなものがあるのか、見ていきましょう。

 

耳ふさぎをする

この耳ふさぎのポーズは、…

 この記事の続きを読む

発達障害に漢方は使えますか?

発達障害は遺伝的要因と

脳の器質疾患による先天的な障害です。

 

根本的な治療はまだ見つかってはいませんが、

薬剤を用いることがあります。

 

その中でも漢方を使った治療法について見てみましょう。

 

どのように使用することができますか?

漢方薬には抗けいれん作用が見られる種類があります。…

 この記事の続きを読む

発達障害者の家族にはどんな支援がありますか?

平成17年4月に「発達障害者支援法」が施行されました。

 

これはこれまでの障害者全般における法律とは異なり、

障害の気づきや対応が遅れがちであった

自閉症やアスペルガー症候群、学習障害、ADHDなどの

広汎性発達障害に対して、

それぞれの障害特性やライフステージに応じた支援を

国や地方自治体、国民の責務として定めた法律です。

 

この中で、児童について書かれた第2章の中の…

 この記事の続きを読む

発達障害者にどんな求人がありますか?

発達障害者に対してもさまざまな求人があります。

特質に合わせてですので、

どの職種が多いとは一概には言えません。

 

ですが、職業訓練を特別に受けてから

求人に望むことができます。

 

発達障害の障害特性は、

知的障害や精神障害とはまた異なるものですので、

その点を考慮して発達障害者に適した…

 この記事の続きを読む

発達障害児の奇声をどう理解しますか?

言語能力に遅れが見られる発達障害児と接する際、

どのようなことに気をつければ、

子どもたちのを奇声をコミュニケーションの一つ

として理解することができるでしょうか?

 

ノンバーバルな表現に耳を傾ける

子どもの表現は、言葉によるものだけではありません。

 

機嫌の良い時に出す声、
何かしてほしい時に出す声、…

 この記事の続きを読む

発達障害者はなぜ空気が読めないのですか?

アスペルガー症候群は、広汎性発達障害の一種です。

特に最近では、大人になって診断される人が増えたり等、

話題になることが多い障害の一つです。

 

そんなアスペルガー症候群は
空気が読めないとよく評価されます。

 

どのような特徴ゆえに空気が読めないと

いわれるのか見てみましょう。

 …

 この記事の続きを読む

発達障害児の空間認知力はどうですか?

発達障害児の特徴として、

想像力が欠如していることがあります。

 

空間を認知するということは、

実際には平面で書かれている内容でも、

立体だと想像して物事を見たり、

数学の問題を解いたりすることを意味します。

 

ですが、想像力に問題がある発達障害児は、

ここにこのように立体があると想像する…

 この記事の続きを読む

発達障害児は検査で発達をどう調べますか?

発達障害があるのか、また、どの程度であるのかを知るために、

心理検査を行います。

心理検査には、発達検査と、知能検査、人格検査の三種類があります。

ここでは発達検査について見ていきましょう。

 

発達検査とは

主に乳幼児や小学生の発達状態を調べることで、

養育に役立てるための心理検査です。

 

子どもの全般的な発達状態を評価することで、…

 この記事の続きを読む

発達障害者の研修制度とは何ですか?

発達障害者が就労するとき、

「トライアル雇用」と呼ばれる研修制度があります。

 

トライアル雇用とは、3か月の間、

試用雇用を通して障害者雇用に対する

受け入れ側の不安を軽減し、

円滑な雇用に移行するための制度です。

 

この間、事業主は障害者一人につき

月額4万円の奨励金を受け取ることができます。…

 この記事の続きを読む

発達障害が軽度なら、どこに通いますか?

知的障害があまりない発達障害の子供たちは

情緒障害特別支援学級に通います。

 

もしくは、普通学級と通級による授業を受けます。

 

情緒障害教育では、

発達障害の一つである自閉症と、

心因性の選択性かん黙などのある子どもを対象にしています。

 

自閉症児については、言語の理解と使用や、…

 この記事の続きを読む

発達障害の子供はどう診断できますか?

お子さんの行動を見ていて、

まわりのお子さんと溶け込みにくかったり、

きちんと列を並ぶことが苦手だったり、

まわりに手が出てしまったりと、

悩んでいる親の方は多くいます。

 

なんども同じことを注意しても、
全く行動に変化が見られなかったり、

 

幼稚園や学校の担任などから…

 この記事の続きを読む

発達障害児とどのようにコミュニケーションを取りますか?

発達障害を抱える子供には

どのようにコミュニケーションをとっていけばいいでしょうか。

 

広汎性発達障害の一つに自閉症があります。

自閉症は、発達障害に中でも

コミュニケーションをとり難い障害です。

 

自閉症の子供たちとのコミュニケーションのとり方を見て、

どのように全ての発達障害児に

相対していけばよいか考えて見ましょう。…

 この記事の続きを読む

発達障害児はどのような高校に行きますか?

発達障害者支援法が制定されてから、

注意欠陥障害(ADHD)や、学習障害の子どもにも

特別な措置を受けて

授業を受けることができるようになりました。

 

以前は、知能指数(IQ)が75以下の場合しか、

療育手帳の交付が受けられなかったので、

知能的には問題のない多くの発達障害児は

特別支援学級に行くことができませんでした。

 …

 この記事の続きを読む

発達障害者のこだわりの強さとは何ですか?

発達障害というものは、

先天的な障害ですので、遺伝的要因や脳の器質疾患による病気で、

後天的に、つまり環境や育て方でなった病気ではないのです。

 

そんな発達障害の特徴のひとつに、

こだわりの強さがあります。

 

どんなことに対して、こだわりが強くなるのか
また、こだわりの強さがどのような結果をもたらすのか、
そして、こだわりの強さを生かす方法があるのか、

 この記事の続きを読む

発達障害の高校生の問題は何ですか?

発達障害児は、高校生になると

どのような問題を抱えるのでしょうか。

 

アスペルガー症候群は、広義では自閉症に含まれますが、

自閉症のように幼児期に言葉の発達の遅れがないため、

障害として認識されることが遅れることがあります。

 

高校生や大人になってから気づくことも少なくありません。

 

成長とともに、本来の…

 この記事の続きを読む

発達障害児の言葉の遅れはどの程度ですか?

広汎性発達障害の一つに自閉症があります。

自閉症とは決して自分を閉ざしているのではなく、

障害の特徴である社会性の欠如が、

自分を閉ざしているように見えることからつけられた名称です。

 

先天的な障害ですので、遺伝的要因や脳の器質疾患による病気で、

後天的に、つまり環境や育て方でなった病気ではないのです。

 

自閉症の子供たちには、顕著な言葉の遅れが見られます。

どのようなものなのか、見ていきましょう。…

 この記事の続きを読む

発達障害児の子育てで家でどんな療育ができますか?

発達障害は根本的な治療はできなくても、

より社会や家庭に適応して生活することを目標とした「療育」

というプログラムを受けることで、

本人も周りもストレスを減らすことができます。

 

この療育には多くの種類がありますが、

家庭でも実行しやすい

認知行動療法について見てみましょう。

 

認知行動療法とは、…

 この記事の続きを読む

お困りの方へ

アスペルガー・ADHD・発達障害改善マニュアル

Sponsored Link