発達障害に夫がなった時、どうすればよいですか?

発達障害は遺伝的要因や脳の器質疾患により、

先天的に発症する障害です。

 

根本的な治療と言うのはまだ存在しませんが、

個々の症状に合わせて療育を受けながら、

適応力を増加していきます。

 

学習障害やアスペルガー症候群のように、

年齢が高くなってから気づく人もいます。

 …

 この記事の続きを読む

発達障害者の家族にはどんな支援がありますか?

平成17年4月に「発達障害者支援法」が施行されました。

 

これはこれまでの障害者全般における法律とは異なり、

障害の気づきや対応が遅れがちであった

自閉症やアスペルガー症候群、学習障害、ADHDなどの

広汎性発達障害に対して、

それぞれの障害特性やライフステージに応じた支援を

国や地方自治体、国民の責務として定めた法律です。

 

この中で、児童について書かれた第2章の中の…

 この記事の続きを読む

発達障害はどんな差別を感じますか?

発達障害児を持ち、

療育センターに小学生の子どもを連れて通う母親に、

悩みについて調査を行いますと、

 

子どもの将来、
子どもが社会で受け入れられるのか、
そして障害に対する偏見

 

の三つが多く回答されます。

その障害に対する偏見について見ていきましょう。…

 この記事の続きを読む

発達障害児の母親は子供に何ができますか?

発達障害を抱える子どもの親は、

その子どもとその兄弟の

健全な発育を見守る必要があります。

 

どんなことに注意をして見守ることが必要か、

子どもの精神的な健康をチェックする指標があります。

 

以下の項目で当てはまるものが7つ以上あるときは

普通の子どもより多いと判断されます。

これによって、…

 この記事の続きを読む

発達障害児について義両親は何をすべきですか?

発達障害児の孫を持つ祖父母は、どんなことができるでしょうか。

 

ただでさえ可愛い孫に、発達障害があると分かり、

色々な心配を抱えることになります。

 

発達障害という言葉は比較的新しい言葉で、馴染みがない方も多いでしょう。

 

「障害」という文字に強く反応してしまい、

お嫁さんの子育てのせいにしたり、

自分方でではない相手の家系のせいにしたり、…

 この記事の続きを読む

発達障害児に感じる罪悪感とは何ですか?

障害児がいる家庭で、障害児のきょうだいとして育ってきて、

大人になった人は子ども時代を振り返って、どう感じているのでしょうか。

 

家庭に障害を持った子どもがいて「よかった」と感じる人と「よくなかった」と

感じる人は、どちらも差がそれほどでないと研究では報告されています。

 

「よかった」と感じている人は、

 

「人間と障害に対する理解が深まった」、
「思いやりができた」…

 この記事の続きを読む