発達障害児に遊びを使ってどのように教えますか?

発達障害を抱える子供たちは、

遊びを通して療育を進めていくことができます。

 

発達障害は先天的な障害ですので、

遺伝的要因や脳の器質疾患による病気で、

後天的に、つまり環境や育て方でなった病気ではないのです。

 

どのように遊びを利用していくことができるのか、

見ていきましょう。

 …

 この記事の続きを読む

発達障害児にどのように育児を行いますか?

発達障害を抱える子供には、

どのように育児を行えばよいでしょうか。

 

その年齢の子どもに期待される注意力の欠如や、

多動性や衝動性が見られる障害です。

 

そしてその不注意さや多動性や衝動性が

日常生活に支障をきたす水準にあります。

 

広汎性発達障害の一つですので、…

 この記事の続きを読む

発達障害の生きづらさとは何ですか?

発達障害児を持ち、

療育センターに小学生の子どもを連れて通う母親に、

悩みについて調査を行いますと、決まって子どもの将来、

子どもが社会で受け入れられるのか、

そして障害に対する偏見の三つが多く回答されます。

 

今回は、その子どもの将来についての母親の悩み

を見ることで、発達障害の生きづらさについてみていきましょう。

 

幼い時から、人一倍心配して手をかけてきた子どもが、…

 この記事の続きを読む

発達障害児との関わり方はどうすればよいですか?

お子さんが発達障害を持つことが分かった時、

また、周りに発達障害児がいる場合、

どのようにかかわるのが良いでしょうか。

 

できたことを評価する

いつもできない事ができた時は、

目を見てしっかりと褒めることが大事です。

 

子どもが大きくなるにつれ、

周りの評価を気にするようになります。…

 この記事の続きを読む

発達障害児の子育てで家でどんな療育ができますか?

発達障害は根本的な治療はできなくても、

より社会や家庭に適応して生活することを目標とした「療育」

というプログラムを受けることで、

本人も周りもストレスを減らすことができます。

 

この療育には多くの種類がありますが、

家庭でも実行しやすい

認知行動療法について見てみましょう。

 

認知行動療法とは、…

 この記事の続きを読む

発達障害児の仕事療法とは何ですか?

発達障害は根本的な治療はできなくても、

より社会や家庭に適応して生活することを目標とした「療育」

というプログラムを受けることで、

本人も周りもストレスを減らすことができます。

 

この療育には多くの種類がありますが、

お仕事つまり作業療法について見てみましょう。

 

作業療法とは、運動機能や精神機能の「基本能力」、

食事やトイレなどの日常活動で用いる「応用能力」、…

 この記事の続きを読む

発達障害児にどのようなトレーニングができますか?

応用行動分析(ABA)を用いて、

適切な行動をするようにトレーニングすることができます。

 

子どもができない行動や不適切な行動を

変えさせることに重点を置くのではなく、

子どもができる、そして適切である行動を増やしていくことで、

相対的な不適切行動の減少を目指すのが、ABAの特徴です。

 

通常の対応では、

正しい行動が当たり前なので、正しいことには注目をせず、…

 この記事の続きを読む

発達障害児の能力開発にはどんな方法がありますか?

発達障害は根本的な治療はできなくても、

より社会や家庭に適応して生活することを目標とした「療育」

というプログラムを受けることで、

本人も周りもストレスを減らすことができます。

 

この療育には多くの種類がありますが、

特に能力開発に有効的と言われる応用行動分析法について見てみましょう。

 

応用行動分析法とは、

Applied …

 この記事の続きを読む

発達障害児は反抗期にどうなりますか?

本人が抱えている困難さを

周囲が理解して対応がうまくできていないために、

本来抱えている困難さとは別の

二次的な情緒的または行動的な問題が表出することを

「二次障害」と言います。

この二次障害が、反抗期にどのように

見られるのか、知っておきましょう。

 

9歳前後で見られた

反抗挑戦性障害を持つ子どもの問題行動が…

 この記事の続きを読む

発達障害児にどんな話し方をすればよいですか?

言語障害を表出する発達障害の子どもたちには

親や周りの接し方、話し方が療育に大きく関わります。

 

特に学習障害を抱える子供には、

話し方や接し方で、大きく改善されることがあります。

 

この学習障害とは、

Learning Disabilitiesの頭文字をとってLDとも呼ばれます。

知的な遅れはないものの、…

 この記事の続きを読む

発達障害児のやる気をどう引き出しますか?

発達障害を抱える子供のやる気を

どのように引き出していくことができるでしょうか。

 

学習に関して、困難を抱える

ADHD(注意欠如・多動性障害)の子どもたちに

どう接するかを学ぶことで、

発達障害全体の子どもたちの学習方法について考えてみましょう。

 

発達障害は、遺伝的要因や脳の器質疾患による障害です。

ですから、親のしつけが悪くて発症したのでも、…

 この記事の続きを読む

発達障害のSSTプログラムとは何ですか?

発達障害は根本的な治療はできなくても、

より社会や家庭に適応して生活することを目標とした「療育」

というプログラムを受けることで、

本人も周りもストレスを減らすことができます。

この療育の一つ、SSTプログラムについて見てみましょう。

 

SSTプログラムとは、Social Skills Training のことで、…

 この記事の続きを読む

発達障害の学力で特徴はありますか?

学力に特徴のある発達障害と言えば、学習障害が挙げられます。

学習障害とは、

Learning Disabilitiesの頭文字をとってLDとも呼ばれます。

 

知的な遅れはないものの、

聞く・話す・読む・書く・計算する・推論する能力のうち、

特定のものの習得と使用に著しく困難を感じる障害です。

 

中枢神経系の障害ですので、…

 この記事の続きを読む

発達障害のグレーの子とは、どう接すれば良いですか?

発達障害のグレーの子を健やかに成長させるには

どのようなことに留意すればよいでしょうか。

 

独特の思考法とリズムを持つことから、

少し人とは異なり、注意を受けやすい彼らにとって

特に注意すべき点が4つあります。

 

一つ目は、子どもの自己肯定感を高めておくことです。

否定されやすいからこそ、自信を失わないよう家庭や学校で励まし続けます。

 …

 この記事の続きを読む

発達障害児に具体例を使ってどのように教えますか?

広汎性発達障害、つまり発達障害を抱える子供に

どのようにものを教えていくのが効果的でしょうか。

 

発達障害は、先天的な障害ですので、

遺伝的要因や脳の器質疾患による病気で、

後天的に、つまり環境や育て方でなった病気ではありません。

 

このような障害を持つ子どもには、

比喩や想像を使わず、具体的に教えることが最も効果的と分かっています。

 …

 この記事の続きを読む

発達障害児にゲーム感覚で教えることはできますか?

ADHDは、注意欠如・多動性障害のことで、

その年齢の子どもに期待される注意力の欠如や、

多動性や衝動性が見られる障害です。

 

そしてその不注意さや多動性や衝動性が

日常生活に支障をきたす水準にあります。

 

広汎性発達障害の一つですので、

遺伝的要因や脳の器質疾患による障害です。

 …

 この記事の続きを読む

発達障害児にどのように声かけできますか?

発達障害児の療育には色々な方法がありますが、

とりわけ近年、実施している機関が多くなってきた方法に、

ABA(Applied Behavior Analysis)、応用行動分析があります。

 

行動分析額の理論を応用し、環境と個人の相互作用の視点から、

人間の行動の予測と制御を臨床場面にも応用した療育法です。

 

ABAは、発達障害のある個人への支援に関して、…

 この記事の続きを読む

発達障害児の勉強法はどうすればよいですか?

発達障害は広汎性発達障害の一つですので、

遺伝的要因や脳の器質疾患による障害です。

 

ですから、親のしつけが悪くて発症したのでも、

育て方が良くなくて発症したのでもありません。

 

ですが、親の関わり方で症状を改善させることはできます。

学習面で問題が出やすいADHDを含む子どもたちとの
接し方について見ていきましょう。

 …

 この記事の続きを読む

発達障害児のパニックとは何ですか?

発達障害児はパニックになりやすい傾向があります。

アスペルガー症候群や注意欠陥・多動性障害(ADHD)などは

パニック症状が出やすいことが多い障害の一つです。

 

発達障害を抱える子どもは、社会性・創造性・コミュニケーション能力の三つに

障害があります。

そんな発達障害児との接し方について見ていきましょう。

 

安全で穏やかな環境を作りましょう

発達障害を抱える子どもは、騒々しい環境が苦手なことが多いです。…

 この記事の続きを読む

発達障害児にピアノを使ってどう療育できますか?

発達障害は根本的な治療はできなくても、

より社会や家庭に適応して生活することを目標とした「療育」

というプログラムを受けることで、

本人も周りもストレスを減らすことができます。

 

この療育には多くの種類がありますが、

ピアノを使って行える音楽療法について見てみましょう。

 

音楽療法とは、音楽を聴くことで、心と体に生じる現象を積極的に利用し、

様々な疾病の治療や障害の改善に役立てようとする療法です。…

 この記事の続きを読む