発達障害には、お金がかかりますか?

発達障害であることの診断の方法には、

「問診」「視覚検査」「聴覚検査」「脳波検査」「CT検査」

など様々です。

 

知的な発達の遅れを調べるためには、

IQテストとも言われる「知能検査」も行います。

 

発達障害も様々な種類がありますので、

方法もどの方法で行われるのか流動的です。

 …

 この記事の続きを読む

発達障害児の運動による療法は何をしますか?

発達障害は根本的な治療はできなくても、

より社会や家庭に適応して生活することを目標とした「療育」

というプログラムを受けることで、

本人も周りもストレスを減らすことができます。

 

この療育には多くの種類がありますが、

今回は運動による理学療法について見てみましょう。

 

理学療法とは、初めに、

対象となる発達障害児の綿密な検査や測定や評価をします。…

 この記事の続きを読む

発達障害に漢方は使えますか?

発達障害は遺伝的要因と

脳の器質疾患による先天的な障害です。

 

根本的な治療はまだ見つかってはいませんが、

薬剤を用いることがあります。

 

その中でも漢方を使った治療法について見てみましょう。

 

どのように使用することができますか?

漢方薬には抗けいれん作用が見られる種類があります。…

 この記事の続きを読む

発達障害の治療にどうサプリメントが使われますか?

オーソモレキュラー方法は、

自律神経失調症や発達障害を抱える人が、

栄養アプローチと食事コントロールと点滴による療法の三つで、

症状を軽くしたり、根本的な治療を目指す療法です。

 

もちろん、体質改善を主にしますので、

急激な悪化などが見られた時は対応できません。

 

ですが、どれも化学薬品を用いないので、

副作用がなく長期に継続しても安心です。

 この記事の続きを読む

発達障害の睡眠障害はどう治療しますか?

発達障害は遺伝的要因と脳の器質疾患による先天的な障害です。

根本的な治療はまだ見つかってはいませんが、

薬剤を用いることがあります。

 

発達障害の二次障害として見られる

睡眠障害はどのような治療ができるのか見ていきましょう。

 

発達障害を持つ人が子どもの場合や、

周りの人の理解が十分に得られているときは

薬物療法が必要になることはまずありません。…

 この記事の続きを読む

発達障害は精神科で診断や治療をしますか?

発達障害かなと思ったら、

 

子供の場合は保健所や診療所で、
小児精神科や児童精神科を紹介されることが多いです。

 

ですが、まだ日本では、そんなにどこの病院でもある科ではないので、

一般的に普通の精神科を受診することになります。

 

成人の場合は、初めから精神科に行くことになります。

 …

 この記事の続きを読む

発達障害を食べ物で治療できますか?

オーソモレキュラー方法は、自律神経失調症や発達障害を抱える人が、

栄養アプローチと食事コントロールと点滴による療法の三つで、

症状を軽くしたり、根本的な治療を目指す療法です。

 

もちろん、体質改善を主にしますので、

急激な悪化などが見られた時は対応できません。

 

ですが、どれも化学薬品を用いないので、

副作用がなく長期に継続しても安心です。

 …

 この記事の続きを読む

発達障害の治療はどう行いますか?

発達障害は先天性の障害ですので、

予防したり、完治を目的とした治療は存在しません。

ですが、各自の障害に合わせて、適応能力を向上させることができます。

 

これを、療育と呼びます。

 

発達障害は、行動を予測したり、

不測の事態への対応に問題が生じることが多いです。

 

ですから、色々な場合を想定し、こういった時にはこう対応するというように…

 この記事の続きを読む

発達障害のてんかんはどう治療しますか?

発達障害は遺伝的要因と脳の器質疾患による先天的な障害です。

根本的な治療はまだ見つかってはいませんが、

薬剤を用いることがあります。

 

とくに、てんかん症状が出たときには薬剤を用います。

てんかん症状についてみてみましょう。

 

てんかん症状

発達障害を持つ人が子どもの場合や、

周りの人の理解が十分に得られているときは…

 この記事の続きを読む

発達障害の脳と行動の関係は何ですか?

発達障害は遺伝的要因と脳の器質疾患による先天的な障害です。

根本的な治療はまだ見つかってはいませんが、

 

どういった時に、脳にどのようなホルモンが出ているか
を知ることで、薬剤を用いることが効果的になります。

 

それがどのように行動に影響するのか見てみましょう。

 

感情のコントロールが難しい時

発達障害を持つ人が子どもの場合や、…

 この記事の続きを読む

発達障害は薬で治りますか?

発達障害は遺伝的要因や脳の器質疾患により、

先天的に発症する障害です。

 

根本的な治療と言うのはまだ存在しませんが、

個々の症状に合わせて療育を受けながら、

適応力を増加していきます。

学習障害やアスペルガー症候群のように、

年齢が高くなってから気づく人もいます。

発達障害の中でも、障害に合わせ薬が効果的な場合があります。

どのような薬が効果的か、見ていきましょう。…

 この記事の続きを読む

発達障害は病院で治療しますか?

発達障害は、

先天的な遺伝的要素と脳の器質疾患による病気ですので、

完全に治療したりする特効薬はありません。

 

ですが、発達障害が原因となって引き起こされる、

「パニック障害」や「睡眠障害」、そして「うつ症状」などの

二次的な症状には対処することができます。

 

それぞれの症状と本人の適性を考えて、

内科や心療内科、精神科で

 この記事の続きを読む

発達障害はどのような時にパニック障害を発症しますか?

発達障害は遺伝的要因と脳の器質疾患による先天的な障害です。

根本的な治療はまだ見つかってはいませんが、薬剤を用いることがあります。

どのようなときに用いるのか見てみましょう。

 

幻覚や妄想によるパニック状態

発達障害を持つ人が子どもの場合や、周りの人の理解が十分に得られているときは

薬物療法が必要になることはまずありません、

 

ですが、障害によってでてくる症状のために、

家族生活や他の集団生活の続行が難しくなってくるときに、 …

 この記事の続きを読む

発達障害と栄養は関係がありますか?

発達障害は、栄養の偏りからなる病気ではありませんが、

栄養改善によって、精神障害に非常に有効な結果が出ていることは知られています。

 

栄養療法が有効であることを示した例が、ノーベル賞科学者のライナス・ポーリング博士が

体系化した分子整合精神医学に基づいて示されたメガビタミン療法などです。

 

この研究は、ビタミンB群を大量に投与した成人の精神障害を持つ患者たちが

有意に症状が改善されたことを証明しました。

彼の研究が土台となり、細胞生理学の観点からも、発達障害の改善に役立つと考えられる

栄養療法が様々に考えられてきました。…

 この記事の続きを読む