発達障害の赤ちゃんの特徴は何ですか?

発達障害の中でも

自閉症は3歳までに診断できる障害ですが、

言語やコミュニケーションで

異常を発見することが多いですので、

なかなか赤ちゃんの時から

発達障害を疑って観察することはありません。

 

保健所における集団検診でも、

異常を指摘されることはまずありません。

 …

 この記事の続きを読む

発達障害児は大人とどう関わりますか?

発達障害を抱える子供たちは

大人に対して、独特のかかわり方をすることがあります。

 

どのように大人とかかわることが多く、

また、どのように発達障害を抱える子供と接すればよいのか

見ていきましょう。

 

発達障害の子どもは、

社会性・創造性・コミュニケーション能力の三つに

障害があることが多いです。…

 この記事の続きを読む

発達障害児の奇声をどう理解しますか?

言語能力に遅れが見られる発達障害児と接する際、

どのようなことに気をつければ、

子どもたちのを奇声をコミュニケーションの一つ

として理解することができるでしょうか?

 

ノンバーバルな表現に耳を傾ける

子どもの表現は、言葉によるものだけではありません。

 

機嫌の良い時に出す声、
何かしてほしい時に出す声、…

 この記事の続きを読む

発達障害児とどのようにコミュニケーションを取りますか?

発達障害を抱える子供には

どのようにコミュニケーションをとっていけばいいでしょうか。

 

広汎性発達障害の一つに自閉症があります。

自閉症は、発達障害に中でも

コミュニケーションをとり難い障害です。

 

自閉症の子供たちとのコミュニケーションのとり方を見て、

どのように全ての発達障害児に

相対していけばよいか考えて見ましょう。…

 この記事の続きを読む

発達障害の高校生の問題は何ですか?

発達障害児は、高校生になると

どのような問題を抱えるのでしょうか。

 

アスペルガー症候群は、広義では自閉症に含まれますが、

自閉症のように幼児期に言葉の発達の遅れがないため、

障害として認識されることが遅れることがあります。

 

高校生や大人になってから気づくことも少なくありません。

 

成長とともに、本来の…

 この記事の続きを読む

発達障害児の言葉の遅れはどの程度ですか?

広汎性発達障害の一つに自閉症があります。

自閉症とは決して自分を閉ざしているのではなく、

障害の特徴である社会性の欠如が、

自分を閉ざしているように見えることからつけられた名称です。

 

先天的な障害ですので、遺伝的要因や脳の器質疾患による病気で、

後天的に、つまり環境や育て方でなった病気ではないのです。

 

自閉症の子供たちには、顕著な言葉の遅れが見られます。

どのようなものなのか、見ていきましょう。…

 この記事の続きを読む

発達障害児の行動の特徴は何ですか?

発達障害児を特徴づけるのは、

主に社会性の欠如と、創造性の欠如、

そしてコミュニケーション能力の問題です。

 

ですから、
周りを全く考えない行動をすることが多々あります。

 

児童期に良く見られる行動は、

自分の興味のままに行動するので、

他の子どもと同じように集まったり、…

 この記事の続きを読む

発達障害の症状のチックとは何ですか?

過剰に瞬きをしたり、

顔の一部が瞬間的にピクッと動く症状を

チック症と言います。

 

これは自分の意志とは関係なく動いてしまう症状です。

ADHDなどの広汎性発達障害に、

併発して見られることが多くあります。

 

ですが、一番多いのは一過性のチック症で、

多くの場合は就学前に始まり、1年以内の症状が消えてしまいます。…

 この記事の続きを読む

発達障害の小学生の特徴は何ですか?

先生を中心とした集団生活だけであった

幼稚園や保育園時代とは異なり、

自主性や学習面と言った新しい側面のある小学校生活。

 

小学校に行くことで、

発達障害ではないかと診断を促されることがあります。

 

どのような時に

発達障害の可能性を見つけることがあるのか、見ていきましょう。

 …

 この記事の続きを読む

発達障害の幼児は何をチェックしますか?

発達障害を抱える子供は、幼児期に何をチェックすればよいでしょうか。

 

特に、注意欠如・多動性障害は、

小学校に入ってから見つかることが多く、

幼児で発見されることが難しいです。

 

落ち着きがない子、注意が散漫な子、みんなでの行動が苦手な子が、

このADHDであることが多いです。

 

幼稚園や小学校で、困った子だなと扱いづらく思われ、…

 この記事の続きを読む

発達障害児の乳児期の特徴は何ですか?

発達障害で、とくに発見が遅れるのは学習障害です。

乳児期は学校に行ったり、学習行為をしないので、

なかなか見つけることができません。

 

ですが、後になって、思いだしてみると、

かなりの共通点があることが報告されています。

 

そもそも学習障害とは、知的な遅れはないものの、

聞く・話す・読む・書く・計算する・推論する能力のうち、

特定のものの習得と使用に著しく困難を感じる障害です。…

 この記事の続きを読む

発達障害児はなぜオウム返しをしますか?

広汎性発達障害の一つに自閉症があります。

自閉症とは決して自分を閉ざしているのではなく、

障害の特徴である社会性の欠如が、

自分を閉ざしているように見えることからつけられた名称です。

 

先天的な障害ですので、遺伝的要因や脳の器質疾患による病気で、

後天的に、つまり環境や育て方でなった病気ではないのです。

自閉症の子供たちにはオウム返しなどのいくつかの特徴が見られます。

 

オウム返しをする

 この記事の続きを読む

発達障害児は後追いをしますか?

発達障害を持つ人が後になって気付く、赤ちゃんの時の一番の特徴は

「なかなか目を合わせない」ことです。

そして「あまり人見知りをしなかった」と回顧する親も多くいます。

 

一見、育てやすく手のかからない子だと思われがちですが、

親ではない人に人見知りをして、

親の行くところにどこでもついていく「後追い」をすることは、

正常な発達過程では見られなくてはいけない行動なのです。

他人には人見知りをして、親には後追いをするということは、

自分と他者、他者と家族、この違いを判断しているからこそ、できることなのです。

 この記事の続きを読む

発達障害児の幼児期の特徴は何ですか?

学習障害とは、Learning Disabilitiesの頭文字をとってLDとも呼ばれます。

知的な遅れはないものの、聞く・話す・読む・書く・計算する・推論する能力のうち、

特定のものの習得と使用に著しく困難を感じる障害です。

 

中枢神経系の障害ですので、

勉強の方法が悪いとか育て方が良くなかったとかの

後天的な因子は関係のない病気です。

この学習障害が発達障害を持つ子どもたちに、

幼児期からみられることがあります。…

 この記事の続きを読む

発達障害を1歳半検診でどう調べますか?

1歳6カ月前後に保健所などで実施される乳幼児健診で、

どのような事柄がチェックされているのか見ていきましょう。

 

通常は、1歳6カ月までに

対人関係の基礎である社会性やコミュニケーション能力の土台が芽生えます。

 

対人関係は人と人だけでなく、ものを介した人と物と人の関係に広がります。

これは、おもちゃなどを使って大人と遊ぶことができるようになることです。

 

遊びを通して、言葉や物の意味についても学習します。…

 この記事の続きを読む

発達障害の2歳児は何をチェックしますか?

子どもをよく観察することで、子どもの変化や発達に一早く気付くことができます。

 

保健所や他の教室や保育園などで、「発達障害の可能性があるのかもしれない」とか

「発達障害のグレーゾーンではないか」などと言われる前に、

子どもの発達の状況を良く理解しておきましょう。

どのようなポイントに注意して観察すればよいか、年齢別に見ていきましょう

 

二歳児の観察ポイント

・同年齢の赤ちゃんが嫌い…

 この記事の続きを読む

発達障害の2歳児の言葉の特徴は何ですか?

一般的に2歳児の言葉の発育の特徴は、「二語文」です。

「ねこ」「ママ」などの単語だけで話すのではなく、

「かわいいねこ」とか「ママが来て」といった風に、

単語と単語をつなげることができるようになる時期です。

 

ですが、発達障害では言語的能力が遅れている場合が多く、

二歳になっても単語でしか話さなかったり、

単語もなかなか出てこなかったりする場合が多くあります。

 

また、発達障害の中でも特に自閉症の場合は、…

 この記事の続きを読む

発達障害の3歳児は何をチェックしますか?

子どもをよく観察することで、子どもの変化や発達に一早く気付くことができます。

 

保健所や他の教室や保育園などで、「発達障害の可能性があるのかもしれない」とか

「発達障害のグレーゾーンではないか」などと言われる前に、

子どもの発達の状況を良く理解しておきましょう。

 

どのようなポイントに注意して観察すればよいか、年齢別に見ていきましょう。

三歳児の観察ポイント

・視線を合わせづらい
・初めてのことや場所に警戒心が異様に強い…

 この記事の続きを読む

発達障害の3歳児の特徴は何ですか?

たいていの子供にとって、幼稚園が初めての社会生活です。

家庭とは違う環境に戸惑い、体調を崩す子供も少なくありません。

ですが、遅かれ早かれ新しい環境に慣れてくるものです。

 

幼稚園に行くことで、発達障害ではないかと診断されることもあります。

診断の要因となるいくつかの行動についてみていきましょう。

 

集団行動が苦手

みんなと歌を歌ったり、先生のお話を聞いたりすることが

難しい子どもがいます。…

 この記事の続きを読む

発達障害を3歳児検診でどう調べますか?

3歳児検診では、子どもの観察をする前に、

親から普段の会話の様子や特定のものへの強いこだわりの有無、

注意力や集中力について、多動性の有無などを聞き取り調査します。

 

普段の子どもの様子や子どもの行動で気になること、

お出かけや遊びなどの嗜好、一人遊びはどのようにするかなどを

できるだけ詳細にメモに取っておくと、面談する際の助けになります。

 

同時に、子どもに対しては、名前や年齢などの簡単な質問に対する応答、

物の大きさや小ささ、どちらが長いのか短いのか、また色などを認識しているか…

 この記事の続きを読む