発達障害の別名は何ですか?

アスペルガー症候群は、広汎性発達障害の一種です。

特に最近では、大人になって診断される人が増えたり等、

話題になることが多い障害の一つです。

発達障害の中でもアスペルガー症候群は別称がいくつかあります。

それらについて見ていきましょう。

 

高機能自閉症・高機能広汎性発達障害

高機能自閉症とは、知的な発達が正常である自閉症を指します。

たいていの研究者の間で、アスペルガー症候群と同じ意味で用いられています。

また、広汎性発達障害という呼び方は、ICD-10やDSM-IVで広義の自閉症として…

 この記事の続きを読む

発達障害で障害者手帳があると就職に利点はありますか?

2013年4月、障害者の法定雇用率が引き上げられました。

 

従業員が一定以上の企業で、この障害者雇用率を達成していない場合は、

追徴課税などの罰則が与えられます。

 

ですが、発達障害のある人にとっては、障害者手帳を取得してこの雇用枠で働くか、

一般の就職を目指すかは難しい選択となっています。

障害者枠で働くメリットについて考えていきましょう。

 

障害者枠で働くメリット

 この記事の続きを読む

発達障害の定義とは何ですか?

発達障害とは、広汎性発達障害とも言われ、

主に自閉症、学習障害、注意欠陥障害、アスペルガー症候群、

その他の障害があります。

 

どれも先天的に脳の器質疾患または遺伝上の障害と定義されます。

ですが、すぐにわかるのではなく、発達の過程で明らかになることも多いです。

 

臓器の疾患や、外見上に特徴があることが少ないので、

アスペルガー症候群など特に最近では、

大人になって診断される人が増えたり等、…

 この記事の続きを読む

発達障害児の9歳の壁とは何ですか?

本人が抱えている困難さを周囲が理解して対応がうまくできていないために、

本来抱えている困難さとは別の

二次的な情緒的または行動的な問題が表出することを

「二次障害」と言います。

ここには「9歳の壁」と言われるものが存在します。

 

ADHDの子どもの反抗挑戦性障害の発露

自分にとって明らかに有益なことであっても反対したり、

常に周囲に対し挑戦的・反抗的な態度や行動を示すことを「反抗挑戦性障害」と言います。

 …

 この記事の続きを読む