発達障害が軽度なら、どこに通いますか?

知的障害があまりない発達障害の子供たちは

情緒障害特別支援学級に通います。

 

もしくは、普通学級と通級による授業を受けます。

 

情緒障害教育では、

発達障害の一つである自閉症と、

心因性の選択性かん黙などのある子どもを対象にしています。

 

自閉症児については、言語の理解と使用や、…

 この記事の続きを読む

発達障害児はどのような高校に行きますか?

発達障害者支援法が制定されてから、

注意欠陥障害(ADHD)や、学習障害の子どもにも

特別な措置を受けて

授業を受けることができるようになりました。

 

以前は、知能指数(IQ)が75以下の場合しか、

療育手帳の交付が受けられなかったので、

知能的には問題のない多くの発達障害児は

特別支援学級に行くことができませんでした。

 …

 この記事の続きを読む

発達障害児の統計上の就学状況はどうなっていますか?

発達障害児は、小学校や中学校の選択肢として、

「特別支援学級」を選ぶことが少なくありません。

 

特別支援学級とは、

小・中学校に障害の種別ごとにおかれる

8人を上限とした少人数の学級で、

 

知的障害、肢体不自由、病弱・身体虚弱、弱視、
難聴、言語障害、自閉症・情緒障害

 …

 この記事の続きを読む

発達障害児は特別支援学級をどのように選びますか?

幼児期に発達障害であると診断された場合、

普通学級にするのか支援学級にするのか、非常に親は迷います。

 

現在、発達障害児の就学問題について記載されている「発達障害者支援法」も、

就学の支援については明記していますが、

普通学級を選択するのか支援学級を選択するのかの明確な基準は一切なく、

全ての判断を親に委ねられています。

 

障害の程度が目に見えて重篤な場合は、

特別養護学校や一般学校の支援学級を選択しますが、…

 この記事の続きを読む

発達障害児は学校で受け入れられますか?

発達障害児を持ち、

療育センターに小学生の子どもを連れて通う母親に、

悩みについて調査を行いますと、

決まって子どもの将来、

子どもが学校などの社会で受け入れられるのか、

そして障害に対する偏見

の三つが多く回答されます。

 

その子どもが学校を含む社会で
受け入れられるのかについて見ていきましょう。

 この記事の続きを読む

発達障害児にどのような学習支援がありますか?

平成17年4月に「発達障害者支援法」が施行されました。

 

これはこれまでの障害者全般における法律とは異なり、

障害の気づきや対応が遅れがちであった

自閉症やアスペルガー症候群、学習障害、ADHDなどの

広汎性発達障害に対して、

それぞれの障害特性やライフステージに応じた支援を

国や地方自治体、国民の責務として定めた法律です。

 

この中で、児童について書かれた第2章の中の「教育」について見てみましょう。

 この記事の続きを読む

発達障害児は学校嫌いが多いですか?

発達障害児の中でも、注意欠陥障害(ADHD)の子供は、

教師や子どもたちから注意を受けることが多く、

常に緊張した状態で学校に通っている場合があります。

 

自分というものがなかなか理解されない、

いつも自分だけ叱られると感じている子どもたちも多くいます。

 

それが高じてくると、学校に行きたくない、

学校に行くと思うと体の調子が悪くなるなどの

学校嫌いになってしまうことがあります。…

 この記事の続きを読む

発達障害のグレーゾーンとは何ですか?

幼児期など、ごく小さい時から

発達に障害を抱えているとみなされている人とは異なり、

「グレーゾーン」の子どもたちは、

独特の発達スタイルを持つ人たちなのです。

 

ですから、育児書に書いてあるように、
この年齢ならこのくらいはできていなくてはいけない
との基準をうのみにしてはいけないのです。

 

その子ども一人ひとりの独特の発達があるのですから、…

 この記事の続きを読む

発達障害のグレーゾーンの幼稚園児の特徴は何ですか?

子どもが30人集まれば、色々な個性の子どもがいます。

 

大人しくにこにことイスに座っている子ども、

隣の子どもと仲良くなろうと話しかける子、

うろうろ歩きまわってクラスの様子を感じようとしている子ども、

子どもと話すのが恥ずかしく先生の周りにくっついている子ども、

どの子どもたちも、それぞれの個性を示しています。

 

発達障害と言われる子どもは、本当に「障害」なのか、それとも「個性」なのか

見てすぐにわかる外見的な特徴がないため、…

 この記事の続きを読む

発達障害児は読書が苦手ですか?

学習障害とは、

Learning Disabilitiesの頭文字をとってLDとも呼ばれます。

 

知的な遅れはないものの、

聞く・話す・読む・書く・計算する・推論する能力のうち、

特定のものの習得と使用に著しく困難を感じる障害です。

 

中枢神経系の障害ですので、

勉強の方法が悪いとか育て方が良くなかったとかの…

 この記事の続きを読む

発達障害児の通級とは何ですか?

通級とは何でしょう。

まず、自閉症・情緒障害特別支援学級とは

情緒障害教育では、発達障害の一つである自閉症と、

心因性の選択性かん黙などのある子どもを対象にしています。

 

自閉症児については、言語の理解と使用や、

場に応じた適切な行動などが

できるようにするための指導が行われています。

 

心理的な要因による選択性かん黙などがある子どもについては、…

 この記事の続きを読む

発達障害児にドリル学習は有効ですか?

発達障害児の中でも、

注意欠陥障害(ADHD)の子どもたちは、

繰り返してする作業が非常に苦手です。

 

ですから、ドリルなど、

何度も繰り返すことで覚えるということは、

彼らには全く効果的ではありません。

 

かえって学習意欲を落とし、

学力を落としてしまうことにつながります。…

 この記事の続きを読む

発達障害児の中学生の特徴は何ですか?

勉強が難しくなると、発達障害児の中でも特に学習障害の子に困難が襲います。

学習障害とは、Learning Disabilitiesの頭文字をとってLDとも呼ばれます。

 

知的な遅れはないものの、聞く・話す・読む・書く・計算する・推論する能力のうち、

特定のものの習得と使用に著しく困難を感じる障害です。

 

中枢神経系の障害ですので、勉強の方法が悪いとか育て方が良くなかったとかの

後天的な因子は関係のない病気です。

この中学生たちの特徴を見ていきましょう。…

 この記事の続きを読む

発達障害児も普通学級に行きますか?

平成18年度から、学習障害とADHDの児童も

通常の学級の中で十分に配慮を行った上で、

つまり普通学級に通いながら、

必要であるならば通級による指導を行うことができるようになりました。

 

学習障害の場合は、現れる困難は一人一人異なりますので、

それに個別に対応した指導を行います。

 

ADHDの場合は、小さな集団の中で順番を待ったり

最期まで話を聞いたりする指導や、…

 この記事の続きを読む

発達障害児は保育園に通いますか?

仕事を持つ母親としては、保育園が一番の味方になります。

ですが、都市部では待機児童も多く、

一週間当たりの勤務時間などの条件をクリアしなくては入園できない事もあります。

 

基本的に、私立であっても、面接だけで入園を許可されることが多く、

入園テストはないことがほとんどです。

 

保育園では、幼稚園と比べて格段に預かってもらう時間が長いので、

子どもの発育に非常に影響を与える場になります。

ほとんどの子どもが、起きている時間のほとんどを保育園で過ごすのです。…

 この記事の続きを読む

発達障害児が療育園に行くとどうなりますか?

保健所などでの検診で、発達障害の疑いを指摘された場合、

進路として療育園を選ぶ人は少ないでしょう。

 

ですが、自閉症などの3歳児までにかなりの場合で明らかになる発達障害の場合は、

療育を目的とした療育園を選ぶ人もいます。

 

療育園では、一人一人の子どもたちの症状に違いはあれ、障害を持つ子どもたちが

介助スタッフや専門の先生などと、療育を受けながら過ごします。

 

子どもにとって、負担は少ない環境だとは言えますが、…

 この記事の続きを読む

発達障害児は幼稚園をどのように選びますか?

1歳6カ月検診や3歳児検診で、発達障害の疑いがあると言われた場合、

どのような幼稚園もしくは保育園に入れることがその子どもにとって良いでしょうか。

 

幼稚園の入園説明会や、体験入園、園庭開放などで

その幼稚園の様子をある程度は知ることができますが、

実際のところは入園してみないと分からない部分がたくさんあります。

 

考えられる選択肢としては、

1.発達障害に理解のある「普通の幼稚園」

2.発達障害を積極的に受け入れている「混合教育」をしている幼稚園…

 この記事の続きを読む