発達障害をどのようにチェックしますか?

赤ちゃんが生まれると、どこの地方自治体でも、

0歳児に何回かと、

1歳6か月前後と3歳前後に乳幼児健診を実施します。

 

案内のはがきが届き、指定の日に健診を受けに行きます。

 

0歳児に受ける乳児検診は、

正常な発育や親の子育てに対する悩みの相談が主な目的ですが、

1歳6カ月と3歳の時に行う検診は

身体面や運動機能の発育だけでなく、…

 この記事の続きを読む

発達障害の診断を受けるとどうなりますか?

お子さんが幼稚園や学校の担任から、

発達障害かもとほのめかされたり、

一度診察を受けてはと勧められたときどうすればよいでしょうか。

 

「障害」とか「精神科」という言葉で躊躇してしまい、

なかなか足が向かない人も多いでしょう。

 

ですが、発達障害は、先天性の脳の障害ですが、

改善しないのではなく、

適切な治療と周りの理解で大きく改善できるのです。

 この記事の続きを読む

発達障害の絵で何が分かりますか?

発達障害があるのか、また、どの程度であるのかを知るために、

心理検査を行います。

心理検査には、発達検査と、知能検査、人格検査の三種類があります。

 

ここでは絵で示す人格検査について見ていきましょう。

 

人格検査とは、誰に対しても同じもので統一された

質問や図版などの特定の刺激を提示し、

それに対する反応(答えそのものより、答え方や態度など)

を分析することで、…

 この記事の続きを読む

発達障害児は検査で発達をどう調べますか?

発達障害があるのか、また、どの程度であるのかを知るために、

心理検査を行います。

心理検査には、発達検査と、知能検査、人格検査の三種類があります。

ここでは発達検査について見ていきましょう。

 

発達検査とは

主に乳幼児や小学生の発達状態を調べることで、

養育に役立てるための心理検査です。

 

子どもの全般的な発達状態を評価することで、…

 この記事の続きを読む

発達障害の子供はどう診断できますか?

お子さんの行動を見ていて、

まわりのお子さんと溶け込みにくかったり、

きちんと列を並ぶことが苦手だったり、

まわりに手が出てしまったりと、

悩んでいる親の方は多くいます。

 

なんども同じことを注意しても、
全く行動に変化が見られなかったり、

 

幼稚園や学校の担任などから…

 この記事の続きを読む

発達障害を診断するテストには何がありますか?

発達障害があるのか、また、どの程度であるのかを知るために、

心理検査を行います。

心理検査には、発達検査と、知能検査、人格検査の三種類があります。

 

発達障害の程度を見るのにもっとも必要な、

発達検査について見ていきましょう。

 

発達検査で良く活用される検査法に、

「遠城寺式乳幼児分析的発達検査法」があります。

この「遠城寺式乳幼児分析的発達検査法」は…

 この記事の続きを読む

発達障害の成人はどんな特徴がありますか?

一生懸命集中しようとしているのに、
気づいたら他のことを考えていたとか、
仕事場や学校で、同じことばかり注意をされてしまう場合、

 

一度、適切な診療を受けてみることがお勧めです。

 

自分の能力の問題ではなく、

ADHDつまり発達障害の一つである注意欠陥障害の可能性があるからです。

 

適切な診断を受け、治療やサポートを受けることで、…

 この記事の続きを読む

発達障害者はどんなセルフチェックができますか?

発達障害は遺伝的要因や脳の器質疾患により、先天的に発症する障害です。

 

根本的な治療と言うのはまだ存在しませんが、

個々の症状に合わせて療育を受けながら、

適応力を増加していきます。

 

学習障害やアスペルガー症候群のように、

年齢が高くなってから気づく人もいます。

 

成人した発達障害の方は、…

 この記事の続きを読む

発達障害の成人のチェックリストは何ですか?

幼児や児童期に診断を受けていなかったり、

なんとなく病気とまでは思わずにすごしている

成人の発達障害を抱える人もいます。

 

周りの人々が、障害がある方の問題を、その人の個性の一つと考えていたり、

ただ扱いづらい人であるとか、能力の劣る人だとか判断してしまうことがあります。

 

ですから、正しく診断することで、社会的なサポートを受けたり、

問題行動への対処を学んで行くことができる病気の一つなのです。

 …

 この記事の続きを読む

発達障害は何科を受診すればよいですか?

子供の場合、多くは1歳6カ月検診や3歳児検診で

発達障害の疑いがあるのではと言われます。

 

この検診では、

多くの場合保健師や看護師だけでなく、

小児精神科医や児童発達の専門家たちがいますので、

これからどこを受診すればよいのか指示されます。

 

大抵は、地域の小児精神科がある病院、もしくは精神科です。

 …

 この記事の続きを読む

発達障害の脳波検査で何が分かりますか?

発達障害があるのか、また、どの程度であるのかを知るために、

心理検査を行います。

心理検査には、発達検査と、知能検査、人格検査の三種類があります。

知能検査と脳波による検査を合わせて、

どういった時に脳のどの部分が反応しているのか知ることができます。

 

脳波検査は主にMRI検査で調べますが、

これだけでは脳の反応を知るだけで、

発達障害かどうかを完全に知ることはできません。

 …

 この記事の続きを読む

発達障害に対する疑問はどこで尋ねますか?

発達障害について、一般的な質問は

健所や市町村役所や区役所などの保健の窓口などでも

尋ねることができます。

 

疑わしい症状などがある場合は、

直接病院に言って受診することが早道です。

 

多くの団体や法人で、「発達障害」を謳ったものがありますが、

初回のカウンセリングが法外な値段だったり、…

 この記事の続きを読む

発達障害と誤診されることがありますか?

発達障害は、明確な基準がないともいえる病気です。

 

例えば、最高血圧が140mmHg以上なら高血圧と診断されますが、

130mmHg台の人でも、高血圧の症状の人もいますし、

150mmHgあっても、何ら問題なく生活を送っている人もいます。

 

発達障害を診断する様々なテストで、

間違いなく発達障害だと言われても、

なんの問題もなく適応して暮らしている人もいます。

 …

 この記事の続きを読む

発達障害児に図形を使って何が分かりますか?

発達障害があるのか、また、どの程度であるのかを知るために、

心理検査を行います。

心理検査には、発達検査と、知能検査、人格検査の三種類があります。

この人格検査を実施する際に、図形を使います。

 

図形を使って何が分かるのか、見ていきましょう。

 

人格検査とは、

同じもので統一された質問や図版などの特定の刺激を提示することで、

それに対する反応(答えそのものより答え方や態度など)を分析することで、

 この記事の続きを読む

発達障害とどこで診断しますか?

発達障害への気づきは主に三つが考えられます。

 

まだ、子どもが小さく、親が

子供の何らかの異常に気が付き、

保健所などに相談に行く場合が一つあります。

 

そして1歳6カ月検診や3歳児検診、

幼稚園や小学校などで、

発達障害の疑いがあると言われる場合もあります。

これが今までは一番良くある気付きでした。…

 この記事の続きを読む

発達障害児のIQはどのように調べますか?

発達障害があるのか、また、どの程度であるのかを知るために、

心理検査を行います。

 

心理検査には、発達検査と、知能検査、人格検査の三種類があります。

ここでは一般的な知能検査について見ていきましょう。

 

「WPPSI」とは、「Wechsler Preschhool and Primary …

 この記事の続きを読む

発達障害のテストで他になにがありますか?

発達障害があるのか、また、どの程度であるのかを知るために、

心理検査を行います。

心理検査には、発達検査と、知能検査、人格検査の三種類があります。

ここでは日本で開発された知能検査について見ていきましょう。

 

「鈴木ビネー式知能検査」とは、

1930年に心理学者の鈴木治太郎が発表したビネー式の知能検査です。

発表した際には「実際的個別的知能検査法」と名付けられました。

 

その後5回の改訂が重ねられ、現在に至っています。…

 この記事の続きを読む

発達障害の検査のWISCとは何ですか?

発達障害があるのか、また、どの程度であるのかを知るために、

心理検査を行います。

心理検査には、発達検査と、知能検査、人格検査の三種類があります。

ここでは知能検査について見ていきましょう。

 

発達障害の有無や程度を調べる知能検査において、比較的よく利用されるのが、

「WISC-Ⅲ」です。

日本名はウェクスラー式知能検査といい、

対象年齢は5歳0カ月から16歳11ヶ月までとなっています。

 …

 この記事の続きを読む