発達障害の5歳児は何をチェックしますか?

子どもをよく観察することで、子どもの変化や発達に一早く気付くことができます。

 

保健所や他の教室や保育園などで、「発達障害の可能性があるのかもしれない」とか

「発達障害のグレーゾーンではないか」などと言われる前に、

子どもの発達の状況を良く理解しておきましょう。

 

どのようなポイントに注意して観察すればよいか、年齢別に見ていきましょう。

 

五歳児の観察ポイント

・視線が合わせづらい
・初めてのことや場所を異常に警戒する
・気持ちがいつも不安定である
・ルールや決まりを守れない
・子どもたちと同じ行動をすることを嫌がる
・座っているときや立っているときに、体を小刻みに動かす
・食事のときにお箸を上手に使えない
・すぐ立って、うろうろと歩く
・暑い時に服を脱いだり、寒い時に靴下をはいたりといった温度調節ができない
・帽子をかぶったり、靴下をはいたりすることを嫌がる
・気に入った言葉やフレーズを執拗に繰り返して言う
・言葉と言葉の間に助詞を入れないで話す
・片足でバランスをとったり、ケンケンが苦手である
・ボール遊びが苦手である
・大人のまねをして体操することができない
・はさみを上手に使えない
・ボタンの留め外しができない
・交通ルールが身につかず、急に道路に飛び出すことがある

発達障害をどうにかしたいあなたへ

アスペルガー・ADHD・発達障害改善マニュアル

Sponsored Link



コメントを残す