発達障害の3歳児は何をチェックしますか?

子どもをよく観察することで、子どもの変化や発達に一早く気付くことができます。

 

保健所や他の教室や保育園などで、「発達障害の可能性があるのかもしれない」とか

「発達障害のグレーゾーンではないか」などと言われる前に、

子どもの発達の状況を良く理解しておきましょう。

 

どのようなポイントに注意して観察すればよいか、年齢別に見ていきましょう。

三歳児の観察ポイント

・視線を合わせづらい
・初めてのことや場所に警戒心が異様に強い
・些細なことですぐに泣くが、抱っこするとすぐに泣きやむ
・起こったり機嫌が良かったり、気持ちが不安定なことが多い
・子どもたち同士で手をつなぐことを嫌がる
・おもちゃで遊ぶが、一つの遊びが長続きしない
・突然、小刻みなジャンプをする
・座っているときや立っているときに、体を揺らしている
・食事の時、スプーンやフォークが上手に使えない
・自宅以外のトイレに行くことを嫌がる
・奇声を上げることがある
・独り言を話していることが多い
・気に入ったフレーズを一日中呟いていることがある
・音楽が鳴ると、耳をふさぐ
・高い所に登ることが好き
・よく転んだり、ぶつかったりする
・手作業をするときも、手元を見ていない事が多い
・のりなどべたべたするものが苦手

発達障害をどうにかしたいあなたへ

アスペルガー・ADHD・発達障害改善マニュアル

Sponsored Link



コメントを残す