発達障害の定義とは何ですか?

発達障害とは、広汎性発達障害とも言われ、

主に自閉症、学習障害、注意欠陥障害、アスペルガー症候群、

その他の障害があります。

 

どれも先天的に脳の器質疾患または遺伝上の障害と定義されます。

ですが、すぐにわかるのではなく、発達の過程で明らかになることも多いです。

 

臓器の疾患や、外見上に特徴があることが少ないので、

アスペルガー症候群など特に最近では、

大人になって診断される人が増えたり等、

従来の診断基準とは異なることが多い障害の一つです。

 

明らかな知能の遅れと言語の遅れが見られる自閉症も、

自閉症とは診断されはしない場合でも、

社会性・想像力・コミュニケーション能力の三つに問題があること

が多いです。

 

国連の機関WHOが編纂している国際的な診断基準ICD-10や

アメリカの精神医学会の診断基準DSM-IVでは、

「発達障害」もしくは「広汎性発達障害」とひとくくりにはされておらず、

自閉症スペクトラム、学習障害、注意欠陥障害・多動性障害(ADHD)、

と別々に捉えられています。

 

ですが、日本においては、自閉症、アスペルガー症候群、注意欠陥・多動性障害、

学習障害その他の脳機能の障害で、比較的、低い年齢の時に発症するもの

と定義されています。

発達障害をどうにかしたいあなたへ

アスペルガー・ADHD・発達障害改善マニュアル

Sponsored Link



コメントを残す