発達障害児は声が高いですか?

発達障害があると声が高いということはありません。

 

ですが、発達障害があると感覚が過敏になる人が多く、

特に聴覚に対して敏感に反応することがあります。

 

小さな雑音が気になって、話を聞くことができなかったり、

大勢の人がいるだけでそのざわざわとした雰囲気に気

分が悪くなってしまったりします。

 

このように聴覚的刺激を受けているときに話をすると、

自然と声が大きく高くなってしまうことはあります。

 

それは、周りが聞こえている音よりも多くの大きく高い音が

発達障害を抱える人の耳には届いているので、

それを打ち消して自分の声を届けようとするためにおこる現象です。

 

また、発達障害の中でもアスペルガー症候群の人は特に、

相手の反応を見ないで話すことがよくあります。

 

ちょっと静かにしてほしいな、迷惑だなと思っていても、

空気を読んだり相手の気持ちを察したりはしようとしないので、

自分の感情が赴くままに話すことがあります。

こういうときも、発達障害を持つ人と話している相手は

声が高いとか声が大きいと感じるかもしれません。

 

そのようなときは雰囲気や目で小さい声にしてと伝えるのではなく、

口で声に出して小さな声で話してと、発達障害を持つ人に伝えるようにしましょう。

発達障害をどうにかしたいあなたへ

アスペルガー・ADHD・発達障害改善マニュアル

Sponsored Link



コメントを残す