発達障害者は理解されないと感じていますか?

発達障害の中でも、ADHDは注意欠陥・多動性障害のことで、

ADHDである疑いは小学校入学前に現れることが多く、

その特徴である不注意さや多動性や衝動性は小学校中学校を通して見られます。

 

思春期以降は症状が治まることが一般的です。

ですが、大人になってもADHDの症状がみられる人も少なくはありません。

 

発達障害の中でもADHDの人は理解されていないと感じることが多いようです。

理由を見ていきましょう。

 

空気が読めない

ADHDの人は、アスペルガー症候群の人ほど顕著ではありませんが、

空気を読んだり、相手の気持ちを慮ったりすることが苦手です。

 

感謝や思いやりの言葉を口にしたり、約束事をきちんと守ったり、

反省や共感の気持ちを表現したり、言葉のトーンなどで相手の気持ちを測ったり、

そのようなことが、苦手な場合が多いです。

 

ですが、アスペルガー症候群の人に比べ、

ADHDの人は、周りに受け入れられたいという気持ちが強い人が多いので、

何故自分は受け入れられないのだろうと、気に病むことが多いです。

 

劣等感

持続した気持ちや、安定した感情が持ちにくいので、何でも長続きせず、

最期まで達成させることができにくいです。

ですから、そのたびに自分はできない人間だと劣等感を感じるようになります。

発達障害をどうにかしたいあなたへ

アスペルガー・ADHD・発達障害改善マニュアル

Sponsored Link



コメントを残す