発達障害児の理解をどう助けられますか?

発達障害は根本的な治療はできなくても、

より社会や家庭に適応して生活することを目標とした「療育」

というプログラムを受けることで、

本人も周りもストレスを減らすことができます。

 

この療育には多くの種類がありますが、

特に発達障害児の理解を助けるオプトメトリストについて見てみましょう。

 

オプトメトリストとは、発達障害児の能力と適応力の向上を目的とした療育法です。

発達障害児の特徴に、「視線が合わない」や「皆と見ているところが違う」

ことがあります。

 

健常児では、普通に指をさしたら視線を指したものの方向にむけるのに対し、

発達障害児の場合は、さした指を見ることもあります。

 

このようなことはいちいち説明しなくても良いのではないかと思わないで、

指をさしたら、さした物体のほうに目を向けることや、>

人と話すときに、きちんと目を合わせて話すことなどを訓練していくのです。

 

正しく「見ること」で、何が話題になっているのかを「理解する」ことに結びつき、

会話の主旨が読み取れなくて、

いつももどかしさやイライラを抱えていた発達障害児の

適応能力と会話能力を高めることができます。

 

何度も何度も根気よく訓練することが必要ですが、

訓練することで確実に適応力が高まります。

発達障害をどうにかしたいあなたへ

アスペルガー・ADHD・発達障害改善マニュアル

Sponsored Link



コメントを残す