発達障害児が療育園に行くとどうなりますか?

保健所などでの検診で、発達障害の疑いを指摘された場合、

進路として療育園を選ぶ人は少ないでしょう。

 

ですが、自閉症などの3歳児までにかなりの場合で明らかになる発達障害の場合は、

療育を目的とした療育園を選ぶ人もいます。

 

療育園では、一人一人の子どもたちの症状に違いはあれ、障害を持つ子どもたちが

介助スタッフや専門の先生などと、療育を受けながら過ごします。

 

子どもにとって、負担は少ない環境だとは言えますが、

アスペルガー症候群の疑いがある子どもやADHDの疑いがある子どもにとっては、

社会性やコミュニケーション能力を高める場とはなりにくい環境とも言えます。

また、地方自治体に一つ二つという場合も多く、通園が不便な場合も多いです。

 

発達障害児としての適応力を高めたいのか、

なるべく一般の社会にも適応できるように育てたいのか、家族でよく話し合い、

また、園のスタッフともどのような方針で、どのような対応をしてくれるのか

良く聞いてから判断することが大事です。

 

療育園に通う場合、かなりの確率で小学校の支援学級に通うことになります。

 

ですから、長期的な展望を持ったうえで、医療機関のスタッフとも相談の上、

入園するようにしましょう。

発達障害をどうにかしたいあなたへ

アスペルガー・ADHD・発達障害改善マニュアル

Sponsored Link



コメントを残す