発達障害の大人の特徴は何がありますか?

発達障害の中でも、ADHDは注意欠陥・多動性障害のことで、

ADHDである疑いは小学校入学前に現れることが多く、

その特徴である不注意さや多動性や衝動性は小学校中学校を通して見られます。

 

思春期以降は症状が治まることが一般的です。

ですが、大人になって発達障害、とくにADHDの症状が発見される人も少なくはありません。

大人のADHDの特徴について見ていきましょう。

 

落ち着きがない

せっかちでいつも何かをしている、もしくはいつも体のどこかを動かしています。

じっとしていると不機嫌になり、用もないのに立ち上がってうろうろしたり、

机を指でコツコツとたたいたり、貧乏ゆすりをしたりします。

 

頻繁に仕事を変えようとしたり、引っ越しをしたり、

人間関係を変えようとしたりするのも大人のADHDの特徴です。

 

ざわざわしたところが苦手

込んだレストランなどで、自分とは関係のない会話やウェイターの動きなどに気を取られ、

会話や食事に集中ができない事が良くあります。

 

普通は無意識で行われる、必要な情報と不必要な情報とをわける作業を

「フィルター機能」と言いますが、こういった作業がADHDの人は行われにくいので、

ざわざわした音がたくさんあるところが苦手になります。

発達障害をどうにかしたいあなたへ

アスペルガー・ADHD・発達障害改善マニュアル

Sponsored Link



コメントを残す