発達障害は治るのですか?

発達障害は遺伝的要因や脳の器質疾患により、先天的に発症する障害です。

根本的な治療と言うのはまだ存在しませんが、

個々の症状に合わせて療育を受けながら、適応力を増加していきます。

 

学習障害やアスペルガー症候群のように、年齢が高くなってから気づく人もいます。

成人した発達障害の方は、どのような治療を受けることができるか見ていきましょう。

 

障害の理解と環境調整療法

大人になってから、発達障害であることに気付いた場合、

今まで困難が多かったのは障害に早く気付いてくれなかったせいだと、

親を責める場合が良くあります。

 

また、発達障害と気付いていなかったころ、自分に問題が多いのは、

「家庭環境が良くないから」とか「親の育て方が良くないから」とか、

「自分の性格が良くないから」とか「自分が努力をしないから」など、

家族や自分を悪く考えて、理解しようとしてきた人が多いです。

 

ですから、そのような家族や自己の問題が生きづらさを招いたのではなく、

脳の機能障害で起こっていたということを、しっかりと理解する必要があります。

 

適切なカウンセリングと治療を受ければ、飛躍的に良くなる病気だと

しっかりと理解することが、治療への第一歩なのです。

発達障害をどうにかしたいあなたへ

アスペルガー・ADHD・発達障害改善マニュアル

Sponsored Link



コメントを残す