発達障害の二次障害とは何ですか?

本人が抱えている困難さを周囲が理解して対応がうまくできていないために、

本来抱えている困難さとは別の二次的な情緒的または行動的な問題が表出することを

「二次障害」と言います。

 

広汎性発達障害のなかでも、学習障害やADHD、アスペルガー症候群は、

見た目には分かりにくい障害ですので、障害を持つ人として扱われることも少なく、

本人にも障害を持たない人と同じ程度のことができることが期待されます。

 

そのように本人の能力を超えて期待されることで、

吃音が出たり、うつ病になったりすることもあります。

 

これが、「二次障害」の一つの例です。

このような見た目には分かりにくい発達障害は、

発達障害同士を合併して持っている、

例えば、学習障害とADHDなどを併発していることも多くあります。

そのように併発していると、さらに二次障害の原因を絞ることが困難になったりします。

 

特に、子どもの場合はまだ発達障害があると認定されていなかったり、

認定はされていても、どの種類とどの種類を持っているのか分析しきれていなかったり、

本人の言語能力も十分に発達していない事から、

周りが把握しきれない事があります。

 

どの発達障害はどんな二次障害としてあらわれることが多いのかを理解しましょう。

発達障害をどうにかしたいあなたへ

アスペルガー・ADHD・発達障害改善マニュアル

Sponsored Link



コメントを残す