発達障害を克服できますか?

発達障害は今の段階では、特効薬や劇的な治療につながる方法は見つかっていません。

ですが、発達障害を抱えながらも、日常生活や社会生活に適応することはできます。

 

このように適応の方法を覚える事、

また、「睡眠障害」や「パニック障害」、「うつ症状」などの、

発達障害によって引き起こされる二次的障害が起こった時に、

病院で投薬やカウンセリングなどの処置を受けることで、

上手に自分をコントロールして、症状を抑えることはできます。

 

また、発達障害は発達に問題を抱える障害ですので、

成長していくにつれ、問題となっている症状や行為が分かりにくくなることも多いです。

 

つまり、注意欠陥障害(ADHD)で、多動性を持っている子どもが

何度言われても道路に飛び出していたのが、成長するにつれ、

そのような行為は危ないと覚え、自分で自制するようになるのも、

適応能力の向上あるいは成長発達したと考えることができます。

 

発達障害を抱える人は、自分が発達障害を持つということをきちんと自覚して、

こう言った場合にはこのようにすればいいと行動や気持ちを

ある程度マニュアル化することによって、

発達障害によってひき起こる様々な出来事を克服していくことができるのです。

発達障害をどうにかしたいあなたへ

アスペルガー・ADHD・発達障害改善マニュアル

Sponsored Link



コメントを残す