発達障害児をイライラさせない方法はありますか?

アスペルガー症候群は、広汎性発達障害の一種です。

特に最近では、大人になって診断される人が増えたり等、

話題になることが多い障害の一つです。

 

アスペルガー症候群の子どもは、

社会性・創造性・コミュニケーション能力の三つに障害があります。

そんなアスペルガー症候群の子どもたちを例に、

発達障害児をイライラさせない接し方について見ていきましょう。

 

きまりやルールは明確に知らせましょう

発達障害の子どもたちには、

「暗黙のルール」や「一般的だと思う常識」は通じない事が多いです。

 

また、場の空気を読んだり、

相手が何を考えているか察したり気遣ったりすることが苦手です。

ですから、「こういうことは常識的に分かるでしょう」とは、

思ってしまってはいけません。

 

細かすぎるかな?と思うくらいに、詳しく、ルールや決まりを説明します。

たとえば、他の人と話しているときに、「どうしても、今、この話をして」と、

発達障害を抱えるの子どもが言ってきたとします。

この場合にも、「後で話すからね」というのではなく、「O分後に話すね」と、

具体的な数字を出して、説明するようにしましょう。

 

「ちょっと」とか、「時間ができたら」といった

不明確な言葉は使わないことが望ましいでしょう。

発達障害をどうにかしたいあなたへ

アスペルガー・ADHD・発達障害改善マニュアル

Sponsored Link



コメントを残す