発達障害児に偏食の子は多いですか?

一般的に発達障害の子どもには偏食が多いです。

それは、かれらのこだわりの強さと、味覚も含む感覚の敏感さによります。

具体的に、なぜそうなるのか、どのようなことが起こるのか、

また、類似の発達障害の子どもに見られる特徴について見ていきましょう。

 

味覚や嗅覚の過敏さ

特定の味を好む傾向があります。たとえば、チョコレートが好きというのではなく、

O社のチョコレートが好きで、それしか食べないといった風です。

ひどくなると、偏食になり、健康を損なう程度になったり、

給食を食べることができなかったりします。

 

残してはいけないと指摘されるのが苦痛で、登校を嫌がったりするケースもあります。

 

触覚的過敏さ

気に入った手触りのものを、いつまでも肌身離さず持ち続けたりします。

幼少期には、多かれ少なかれよくあることですので、

自然と消えてしまう場合がほとんどです。

 

それとは別に、身体的な接触を非常に嫌がることが良くあります。

赤ちゃんの時でも、

抱っこをするとそっくりかえって泣き出したりする場合がよくあります。

耳掃除を泣くほど嫌がったり、

頭をなでることや、手をつなぐことも嫌がる子どももいます。

 

幼い時から、機械的に頭をなでたり手をつなぐのではなく、

子どもの反応を見ながら身体的な接触をとりましょう。

発達障害をどうにかしたいあなたへ

アスペルガー・ADHD・発達障害改善マニュアル

Sponsored Link



コメントを残す