発達障害児は保育園に通いますか?

仕事を持つ母親としては、保育園が一番の味方になります。

ですが、都市部では待機児童も多く、

一週間当たりの勤務時間などの条件をクリアしなくては入園できない事もあります。

 

基本的に、私立であっても、面接だけで入園を許可されることが多く、

入園テストはないことがほとんどです。

 

保育園では、幼稚園と比べて格段に預かってもらう時間が長いので、

子どもの発育に非常に影響を与える場になります。

ほとんどの子どもが、起きている時間のほとんどを保育園で過ごすのです。

 

ですから、どのような保育がされていて、発達障害のある子どもには

どのような配慮がされるのか、理解しておくことは重要です。

 

先生やスタッフの勤務時間も長く、預かっている子どもも多いので、

なるべく手がかからないように、おむつで保育園に来るように指導したりとか、

給食が提供される保育園でも、

子どもが簡単に食事ができるようなお弁当を持たせるように

提案する保育園もあります。

 

積極的な療育を行う保育園もありますが、施設に限りがありますので、

通園圏内ではない場合も多々あります。

幼児期は脳の発育にとっても非常に重要な時期です。

子どもの脳が活発に刺激を受ける環境にあるのか、よく確認しましょう。

発達障害をどうにかしたいあなたへ

アスペルガー・ADHD・発達障害改善マニュアル

Sponsored Link



コメントを残す