発達障害の不安障害とは何ですか?

本人が抱えている困難さを周囲が理解して対応がうまくできていないために、

本来抱えている困難さとは別の二次的な情緒的または行動的な問題が表出することを

「二次障害」と言います。

 

アスペルガー症候群の人によく表出する社会不安障害について見ていきましょう。

 

社会不安障害としての表出

社会不安障害とは、社会から受けるストレスのために緊張や不安が強く表れ、

日常生活に支障をきたしてしまうレベルまでになってしまうという精神疾患です。

 

アスペルガー症候群の人は、子どもの時から、周りから怒られたりすることが多く、

自分は受け入れてもらえない人間だとか、自分はだめな人間なんだと思いこむことが多く、

自己評価が非常に低くなっていることが少なくありません。

 

人から高い評価を受けた経験がほとんどないので、

人と接すると何か失敗するのではないかという思いが強く、

人とのかかわりを避けようとしたり、外出が嫌になる人もいます。

 

このような対人緊張が強くなると、ひきこもりになり、生きる気力も失いがちになります。

 

ですから、ひきこもりなる前に、医師に相談し、適切な治療を受けるようにしましょう。

決して自己評価が低いだけで、本当に劣るわけではない事を理解しましょう。

発達障害をどうにかしたいあなたへ

アスペルガー・ADHD・発達障害改善マニュアル

Sponsored Link



コメントを残す