発達障害と栄養は関係がありますか?

発達障害は、栄養の偏りからなる病気ではありませんが、

栄養改善によって、精神障害に非常に有効な結果が出ていることは知られています。

 

栄養療法が有効であることを示した例が、ノーベル賞科学者のライナス・ポーリング博士が

体系化した分子整合精神医学に基づいて示されたメガビタミン療法などです。

 

この研究は、ビタミンB群を大量に投与した成人の精神障害を持つ患者たちが

有意に症状が改善されたことを証明しました。

彼の研究が土台となり、細胞生理学の観点からも、発達障害の改善に役立つと考えられる

栄養療法が様々に考えられてきました。

 

発達障害は主に脳の器質疾患です。脳も体の一器官ですから、食事から摂取される

栄養素でできています。脳が働くためには、酸素とブドウ糖、また必須アミノ酸や

必須脂肪酸が必要です。また、それがそろっていても、ビタミンやミネラルがなくては

円滑な生体内化学反応を起こすことができません。

 

脳が十分に働くことができる栄養を採り入れることと、

不足している栄養素を積極的に補うこと、

また、副作用のない薬的な役割としてのビタミン等の栄養素を摂取することが、

栄養療法の理論となっています。

発達障害をどうにかしたいあなたへ

アスペルガー・ADHD・発達障害改善マニュアル

Sponsored Link



コメントを残す