発達障害のadhdとはどんな病気ですか?

一般に発達障害と言われるものは、

病院では、広汎性発達障害と分類されるものです。

この広汎性発達障害には、いくつかの種類がありますが、

今回はADHDと言われる注意欠陥・多動性障害について説明いたします。

 

ADHDは、年齢や発達の段階から予想されるよりも、

注意が散漫であったり、落ち着きがないことが見られます。

 

これを二つに分けてみていくとADつまり注意欠陥障害は、

・不注意なミスが多い。

・一つの課題や遊びに取り組むことが難しい。

・物事の順番を自分で計画しながら行動することが難しい。

・宿題など、1人で忍耐強く取り組むことを避ける。

・落し物、なくし物が多い。

などが見られます。

 

また一方、HD、多動性障害は、

・順番を待つのが苦手である。

・いつもそわそわもぞもぞ体を動かしてしまう。

・じっと座って、話を聞くのが苦手である。

・高い所に登ったり、同じ場所を夢中になってくるくる回ることが好きである。

・奇声を発しながら遊ぶことがある。

などが見られます。

 

ADの子もHDの子も、衝動的な行動が多いので、

けがをしたり危険な目にあうことが多いです。

 

高いところは好きですが、バランス感覚に欠ける子が多いので、

周囲が細心の注意を払わなくてはなりません。

発達障害をどうにかしたいあなたへ

アスペルガー・ADHD・発達障害改善マニュアル

Sponsored Link



コメントを残す