発達障害児とどのようにポジティブに接することができますか?

小さい時から発達障害児と診断されたり、

また最近では大人になって診断される人が増えたり等、

発達障害は、話題になることが多い障害の一つです。

 

発達障害を抱える子どもは、社会性・創造性・コミュニケーション能力の三つに

障害があることが多いです。

そんな子どもたちとの接し方について見ていきましょう。

 

いつでも明るくポジティブに接しましょう

子どもを持つ親なら、いつでも子どもには明るくポジティブに接したいものです。

ですが、現実問題として、親も普通の人間ですから、嫌な気分になることもあります。

 

アスペルガー症候群の子どもたちは、否定的な言動に非常に敏感です。

記憶力も非常に優れた子どもたちが多いので、

嫌だった事柄を後々まで覚えていたり、引きずったりすることも多いです。

 

子どもの親と離れての社会生活が長くなると、

学校やお稽古での過ごす時間も長くなります。

 

きちんと障害を理解してくれる人ばかりが周りにいるわけではないので、

叱責されたり注意を受けたりすることがどうしても多くなってしまいます。

 

ですから、家庭で接するときはなるべく明るくポジティブにすることで、

子どもが失いがちな自信や、自尊心を持つことができるように心がけましょう。

発達障害をどうにかしたいあなたへ

アスペルガー・ADHD・発達障害改善マニュアル

Sponsored Link



コメントを残す