発達障害のペアレントトレーニングとは何ですか?

発達障害児と診断されたら、また、発達障害児かもと疑いを指摘されたら、

専門の療育機関で療育を受けることができます。

 

ですが、療育機関や、専門のセンターは近くにないことがほとんどです。

そのような場合でも、また、療育機関に通いながらでも、

一番重要なのは身近にいる家族との関わり方になってきます。

 

発達障害児を持つ親のための子どもの育て方のトレーニングである

「ペアレントトレーニング」について見ていきましょう。

 

ペアレントトレーニングのメリット

ペアレントトレーニングにより、親が子どもへの適切な接し方を覚え、

障害による症状の改善や、子どもが抱えている困難の軽減につながります。

この方法を覚えることにより、親自身の悩みや不安の解消にもつながります。

 

ペアレントトレーニングの内容

子どもの行動の分類と対処を覚える

⇒子どもの行動を、増やしたい行動と減らしたい行動と危険な行動の三つに分けます。
 そして、分類してから、それらへの対処法を学びます。

 

肯定的な捉え方の方法を覚える

⇒つい子どもの行動を否定的な目で捉えがちですが、良い所に注目して褒めることが重要です。
 良いところの見つけ方、褒め方を学びます。

 

支持方法を覚える

⇒怒っているとは思わせないで指示を出す方法を学びます。
 指示に従わなかった時の、対処方法も学びます。

発達障害をどうにかしたいあなたへ

アスペルガー・ADHD・発達障害改善マニュアル

Sponsored Link



コメントを残す