発達障害児のプレイセラピーとは何ですか?

発達障害は根本的な治療はできなくても、

より社会や家庭に適応して生活することを目標とした「療育」

というプログラムを受けることで、

本人も周りもストレスを減らすことができます。

 

この療育には多くの種類がありますが、今回は遊戯療法について見てみましょう。

 

遊戯療法とは、その名の通り、

「お絵かき」や「お話作り」や「音楽」などの 遊びを通して、

自己表現能力を高める療育の一つです。

ルールや方法が決まった遊びではなく、創造的な体験をすることで、

発達障害児と治療者のコミュニケーションを図ります。

 

主に、就学前の言語の発達が未熟で、

自分の考えや感情を言葉で表現することが困難な子どもに適しています。

 

遊びなら何でもよいのではなく、創造性の高いものが良いですので、

「塗り絵」は不向きですが、「お絵かき」は適しています。

「お話を読む」とこは不向きですが、「お話を作る」ことは適しています。

 

言いたい思いや感情を吐露できていない発達障害の幼児たちに、

思いを開放させるきっかけとなるように、

治療者は治療の意図を初めから持たないで、子どもに接することが望ましいです。

 

ですから、この療法は単独では行われず、いくつかの療法と組み合わせます。

発達障害をどうにかしたいあなたへ

アスペルガー・ADHD・発達障害改善マニュアル

Sponsored Link



コメントを残す