発達障害児にどのように声かけできますか?

発達障害児の療育には色々な方法がありますが、

とりわけ近年、実施している機関が多くなってきた方法に、

ABA(Applied Behavior Analysis)、応用行動分析があります。

 

行動分析額の理論を応用し、環境と個人の相互作用の視点から、

人間の行動の予測と制御を臨床場面にも応用した療育法です。

 

ABAは、発達障害のある個人への支援に関して、

保育や早期支援、保健、教育、

生活、福祉、就労、医療、リハビリテーションなど様々な分野において、

大きな成果をあげてきました。

この方法は、適切な声かけをすることに特徴があります。

 

自閉症の早期療育にも用いられますが、

ABAは特定の障害に対する特定の方法ではなく、

統合的な理論・方法論・運用論を持つ一つの体系です。

 

ABAは、何らかの行動の前後の出来事に着目することで、

その行動を変容させたり、

新しい行動へと導いたり、

不適切である行動をなくすといったことを可能にします。

 

障害にまつわる問題の原因を子どもの中から探そうとするのではなく、

子どもを取り巻く環境に求めることで

解決を図ろうとする視点に立っています。

 

発達障害を抱える子どもは、健常とされる子どもに比べ、

周囲の環境を理解してそこから自然に学ぶということが、困難なことが多いです。

ですから反対に、環境側を操作することで、

子どもの学習を促進することを目指します。

 

障がいにまつわる問題の原因を子供自身に求めるのではなく、

子供を取り巻く環境に求めることで解決を図ろうという

大変ヒューマニティックな視点を持っています。

 

発達障害を抱える子供は、

定型発達の子供に比べて周囲の環境を理解し、

そこから自然に学ぶという点に困難を抱えるため、

環境側の刺激を操作する事で

つまり適切な声かけを行うことで、

子供の学習を促進する事を目指します。

発達障害をどうにかしたいあなたへ

アスペルガー・ADHD・発達障害改善マニュアル

Sponsored Link



コメントを残す