発達障害の大人はどのような症状がありますか?

発達障害は、広汎性発達障害とも言われますが、

自閉症以外は幼児期に言葉が出てこないなどの

目立った発達の遅れがないため、

障害として認識されることが遅れることがあります。

 

成長とともに、本来の

「コミュニケーション能力の欠如」や「低い社会性」、

「強いこだわりと関心の偏り」といった特徴が

はっきりしてくることが多いです。

 

大人の発達障害の特徴について見ていきましょう。

 

一つのことに強いこだわりを示す

自分が興味を示す事柄に、

異常なほどの熱心さを示します。

たとえば、恐竜が趣味なら、

恐竜に関する情報を熱心に集めようとします。

 

ですが、その興味と言うのは、

カタログを収集するような興味で、

自分で新しく何かを作ろうというような

創造性がある興味ではありません。

 

ロボットが趣味なら、既存のロボットの年式や能力を

覚えることに熱意を傾けますが、

自分で作ってみようとはしません。

 

知覚の異常

発達障害を抱える人は、

味覚や嗅覚、聴覚や触覚などに異常に過敏であったり、

逆に異常に鈍感だったりします。

 

食べ物の好き嫌いも多いことが多く、

健康に問題が出る程度の偏食の人もいます。

 

ある種の音を異常に嫌がったり、

騒々しいところでは不機嫌になる人もいます。

発達障害をどうにかしたいあなたへ

アスペルガー・ADHD・発達障害改善マニュアル

Sponsored Link



コメントを残す