発達障害児は大人とどう関わりますか?

発達障害を抱える子供たちは

大人に対して、独特のかかわり方をすることがあります。

 

どのように大人とかかわることが多く、

また、どのように発達障害を抱える子供と接すればよいのか

見ていきましょう。

 

発達障害の子どもは、

社会性・創造性・コミュニケーション能力の三つに

障害があることが多いです。

 

強い興味や関心事を尊重しましょう

アスペルガー症候群の子どもたちを含む

発達傷害の子どもの特徴として、

物事への強いこだわりがあります。

 

これを否定的に捉えるのではなく、

伸ばしていく方向で捉えるようにしましょう。

 

たとえば、レシートを集めることに

夢中になっている発達障害の子どもに、

レシートに書いてある

漢字を読むことを教えたり、計算を教えたりと、

そこから何かの学習や他の関心事につなげることができます。

 

大人を困らせる行動の理由を知りましょう

発達障害を抱える子どもたちの中には、

大人を試しているのでは?と思うような

行動をする子どもがいます。

 

何かいたずらをして、大人が怒らないでいたら、

さらにひどいいたずらをしたりします。

 

これは決して大人を試しているのではなく、

相手が困っていることが分からないから続けているだけなのです。

何が大人に迷惑をかけているのか、

一つ一つ分かるように説明しましょう。

発達障害をどうにかしたいあなたへ

アスペルガー・ADHD・発達障害改善マニュアル

Sponsored Link



コメントを残す