発達障害とどううまく付き合う事ができますか?

ADHDである疑いは小学校入学前に現れることが多く、

その特徴である不注意さや多動性や衝動性は

小学校中学校を通して見られます。

 

発達障害の中でも、比較的遅く発見される可能性がある

ADHDとは、どのようにうまく付き合うことができるでしょうか。

 

まず、うまく付き合うためには、

障害の特徴を知っておくことが重要です。

ADHDの特徴について見ていきましょう。

 

管理が苦手である

私物の管理も含め、書類作成や金銭管理も苦手ことが多いです。

時間の管理もできない人が多いので、

遅刻やすっぽかしを常習的にします。

 

将来に向かって貯金をするという感覚がないので、

借金などを気軽にすることも多いです。

 

栄養管理も苦手ですので、

大人になって食事を管理してくれる人がいないと、

偏食から栄養不足や病気になる人もいます。

 

何か一つにのめり込む

何かに興味を持って、趣味を持つことは、

豊かな人生においてもちろん良いことですが、

寝食を忘れるほどのめり込むことがあります。

 

車や昆虫、歴史や地図など、

関心を持ったことに、時間もお金も集中力も

つぎ込めることはすべてつぎ込む人もいます。

 

このような興味に仕事がぴったり合っていると、

多大な業績をもたらすこともあります。

発達障害をどうにかしたいあなたへ

アスペルガー・ADHD・発達障害改善マニュアル

Sponsored Link



コメントを残す