発達障害児の運動による療法は何をしますか?

発達障害は根本的な治療はできなくても、

より社会や家庭に適応して生活することを目標とした「療育」

というプログラムを受けることで、

本人も周りもストレスを減らすことができます。

 

この療育には多くの種類がありますが、

今回は運動による理学療法について見てみましょう。

 

理学療法とは、初めに、

対象となる発達障害児の綿密な検査や測定や評価をします。

 

そしてその結果に基づいて、

運動療法や理学療法を利用して

身体能力の改善に取り組みます。

 

基本的な運動能力や日常生活活動の改善するための指導、

福祉用品の選定や、家など日常を過ごす場所の改築の指導、

在宅で行えるケアの指導などを含めた

能力の改善につながる提案をします。

 

食事、排せつ、更衣、入浴、起居、移動

といった日常生活動作の訓練を

することで、本人が助けを得ずにできることを増やしていきます。

 

ですから、この療法は、小児期の発達障害の患者だけではなく、

全ての年齢の人に適用されます。

 

特にレット症など、

障害が進行性である場合、障害のステージに合わせて

普段の生活環境も変えていかなくてはなりません。

 

ですから、定期的に、現在の能力を詳しく把握し、

 

その能力でもっとも快適に暮らせる環境を
準備することが必要になります。

発達障害をどうにかしたいあなたへ

アスペルガー・ADHD・発達障害改善マニュアル

Sponsored Link



コメントを残す