発達障害の生きづらさとは何ですか?

発達障害児を持ち、

療育センターに小学生の子どもを連れて通う母親に、

悩みについて調査を行いますと、決まって子どもの将来、

子どもが社会で受け入れられるのか、

そして障害に対する偏見の三つが多く回答されます。

 

今回は、その子どもの将来についての母親の悩み

を見ることで、発達障害の生きづらさについてみていきましょう。

 

幼い時から、人一倍心配して手をかけてきた子どもが、

果たして親がいなくなってしまったときに、

ちゃんと自立して生活していけるのか、

だれか、助けてくれる人が現れてくれるのかと、

将来が気になって、夜も眠れないことがある

と答える親が過半数を超えることもあります。

 

もちろん、心配しているだけでは何も改善されないので、

療育の効果がなかなか目に見えず、挫折しそうになっても、

将来に絶対子供の生活に役立つと信じて、

自分を奮い立たせて通う親は多いです。

 

確かに、一つ一つの療育プログラムは、

お話ししたり、歌を歌ったりとか

何か急激に目に見えて効果が出るものではありません。

 

ですが、絶対、将来において、

子どもの自立を助ける結果につながります。

 

長い目で通い続けることが本当に大事ですので、

親御さんはくじけないでいただきたいです。

発達障害をどうにかしたいあなたへ

アスペルガー・ADHD・発達障害改善マニュアル

Sponsored Link



コメントを残す