発達障害児にどのように育児を行いますか?

発達障害を抱える子供には、

どのように育児を行えばよいでしょうか。

 

その年齢の子どもに期待される注意力の欠如や、

多動性や衝動性が見られる障害です。

 

そしてその不注意さや多動性や衝動性が

日常生活に支障をきたす水準にあります。

 

広汎性発達障害の一つですので、

遺伝的要因や脳の器質疾患による障害です。

 

ですから、親のしつけが悪くて発症したのでも、

育て方が良くなくて発症したのでもありません。

ですが、親の関わり方で症状を改善させることはできます。

 

発達障害児にはどのように接していくのか見ていきましょう。

 

良くない行動をしていたら、頭ごなしにしかるのではなく、

まず危険が及ばない限り見守ります。

 

そして、適切な行動に変えたときに、思いっきりほめます。

 

「叱る」という行為が、

「否定されている」と言う風に捉えがちなのが

発達障害の特徴でもあるからです。

 

「やめなさい」「だめ」「なんでこんなことをするの」

といった言葉は、

具体的な指示を含んでいないので、

言うだけ子どもを傷つけるだけで、

何の改善にもなりません。

 

「次はこういう風にしてみましょう」「こういう風にした方が良いよね」

といったように

どうすればよいのかを具体的に示して、説明するようにしましょう。

発達障害をどうにかしたいあなたへ

アスペルガー・ADHD・発達障害改善マニュアル

Sponsored Link



コメントを残す