発達障害の種類は他に何がありますか?

他の発達障害と比べ、発症確立は低いですが

レット症候群というものがあります。

 

レット症候群は、自閉症とは異なり、

ほとんどの場合女児に見られる広汎性発達障害の一つです。

 

生まれるときには、異常は見当たらないのですが、

生後6カ月から8カ月くらいになると、

今までできていたお座りができなくなったり、

揉み手のような動作や口を手に入れる動作を

し続けたりするようになります。

 

聴力に問題があることは少ないのですが、

言語能力に問題があるため、

コミュニケーションをとるのが困難です。

 

また、この障害は進行性・発展性のある障害ですので、

今までできていたことができなくなったりします。

 

成長が進むにつれ、
運動能力の退化や精神の退化が見られます。

 

発達障害ですので、遺伝に関係する障害ですが、

両親の遺伝子に問題があるのではなく、

遺伝子の突然変異による障害です。

 

「てんかん」などの発作や、

脊椎が曲がったりねじれたりする「側湾」を

併発することも多いです。

 

現時点では根本的な治療策は見つかっていませんが、

他人とのコミュニケーションをとる方法などを学んで、

より暮らしやすくすることができます。

 

レット症候群の人の寿命は健常人と変わりありませんが、

てんかんの発作が重篤になったり、

側湾による臓器の圧迫で

寿命を縮める原因になることもあります。

発達障害をどうにかしたいあなたへ

アスペルガー・ADHD・発達障害改善マニュアル

Sponsored Link



コメントを残す