発達障害児に遊びを使ってどのように教えますか?

発達障害を抱える子供たちは、

遊びを通して療育を進めていくことができます。

 

発達障害は先天的な障害ですので、

遺伝的要因や脳の器質疾患による病気で、

後天的に、つまり環境や育て方でなった病気ではないのです。

 

どのように遊びを利用していくことができるのか、

見ていきましょう。

 

まずはじめに気をつけておくことは、

遊びを通して人とかかわることを覚えていくことです。

 

発達障害の子どもたちは、一人で遊ぶことを好みます。

ですが、一人遊びばかりしていると社会性も育たず、

興味を持たない分野の発達もしません。

 

他の人とも交流を持たせるようにする際の

注意点をいくつかあげます。

 

競わせないようにする

スポーツは楽しいですが、

得点や結果など競う要素がある物は避けましょう。

勝つことにこだわるあまり、

交流がおろそかになります。

 

自由な時間を与えないようにする

自由時間は、自閉症の子どもたちにとっては苦痛となります。

決まった時間で、決まった遊びをする方が、

落ち着いて他の人とも交流することができます。

 

時間と場所を決めるようにする

同じことにもなりますが、

どれくらいの時間、どの場所で、何をするということを

明確に決める方が、

自閉症の子供たちにはくつろぐことができます。

発達障害をどうにかしたいあなたへ

アスペルガー・ADHD・発達障害改善マニュアル

Sponsored Link



コメントを残す