発達障害のアスペルガー症候群とは何ですか?

広汎性発達障害の一つである自閉症は、

1.コミュニケーションの障害

2.対人関係・社会性の障害

3.こだわりが強すぎて、興味や行動に非常な偏りがある障害

の三つの症状が満3歳になるまでにはっきりと認められます。

 

ですが、対人関係や社会性には問題があるが、

コミュニケーション能力や、言語や認知能力には障害がない

広汎性発達障害をアスペルガー症候群と呼びます。

 

アスペルガー症候群は、会話能力には問題はなくても、

話しかけるタイミングや敬語の使い方に何らかの異常が

認められることがあります。

 

ですから、障害としてわかりにくい障害とも言えます。

 

話がうまくまとまらなかったり、

同じ話を異常にくどく話したりするのも

この障害の特徴でもあります。

 

障害を障害として、

周りが理解すると本人にとっても楽なのですが、

言語にも異常が認められないので、

ただ、要領を得ない人、身勝手な人、マナーをわきまえない人

と誤解されてしまうことが多いです。

 

大人になってから、精神科に受診して、

アスペルガー症候群と診断され、

「今まで、本当に生きづらかった」

と振り返って感じる人が多いです。

 

なんとなく生きづらい、多くの人に誤解を招くと感じる人は、

一度、精神科に相談を受けてみるのもよいでしょう。

発達障害をどうにかしたいあなたへ

アスペルガー・ADHD・発達障害改善マニュアル

Sponsored Link



コメントを残す