発達障害は遺伝しますか?

発達障害は、先天性の障害です。

 

先天性の障害と言うのは、

生まれる前から遺伝的に決まっている病気のことです。

 

ですから、発達障害は遺伝する病気なのです。

 

後天性の障害、または病気は、環境や習慣などで生じるものです。

 

たとえば、歯の管理を上手にしなくて虫歯になったり、

亜鉛を含む食品を摂取しなくて味覚障害になったり、

これらの病気は、普段の生活習慣や、

それを監視する保護者の知識

もしくは認識不足によるところが大きいです。

 

ですが、発達障害は先天性の疾患ですので、

色々な遺伝要因が重なり、生じてしまう病気です。

 

ですから、障害に関して理解を深めることが非常に重要です。

 

と言いますのは、

発達障害を持つ大多数の親が悩むことは、

障害について知識がない人々が、

子どもの障害は親の育て方がよくなかったからと

直接的にあるいは間接的に障害を持つ子の親、特に母親を

責めることです。

 

繰り返しますが、発達障害は、

年齢が大きくなって発症する場合でも

先天的な生まれ持った障害なのです。

 

親の育て方では、性格の良い子悪い子の差は出ても、

障害を持つ子持たない子の差は絶対に出ないのです。

 

まず、周りが発達障害について正しく理解をし、

知識を深めていくことから始めましょう。

発達障害をどうにかしたいあなたへ

アスペルガー・ADHD・発達障害改善マニュアル

Sponsored Link



コメントを残す