発達障害者の仕事にどんな助けがありますか?

発達障害者が就職を希望する場合、

どのような支援を受けることができますか。

 

ハローワークに職を求めに行く発達障害者は、

今まで一般枠で働いていたが、

何らかのきっかけで仕事が続けられなくなり、

医療機関で発達障害と診断を受けた人が多いです。

 

20代の半ばから30代の人が多く、

6から7割はアスペルガー症候群と診断された人です。

 

希望職種としては、

診断前に就いていた専門能力や経験を生かせる事務職が多く、

特にコンピューターグラフィックスやデザイナー、

システム開発やソフト開発も多いです。

 

ここで、ハローワークの職員などが、
就職のマッチングの手伝いをします。

 

障害者枠の雇用の場合、

一般事務では月額12から13万円程度での求人も珍しくありませんが、

このような専門職ですと20万前後へと跳ね上がります。

 

希望条件に見合って、就職を希望しても、

発達障害者と求人企業のマッチングは

なかなか簡単にはいきません。

 

簡単にいかない理由は大まかに述べて二つあります。

一つ目は、企業側が発達障害に対して

どのような障害なのか理解していない事です。

 

そして二つ目は、発達障害にステレオタイプ的な

良くないイメージを持っていることです。

 

発達障害について人事の人が知らない場合は、

ハローワークの職員の説明をある程度は受け入れますが、

ステレオタイプな良くないイメージを持っている企業は、

中途半端な知識が邪魔をして、

就職希望者の受け入れを拒否することが多いです。

発達障害をどうにかしたいあなたへ

アスペルガー・ADHD・発達障害改善マニュアル

Sponsored Link



コメントを残す