発達障害の特徴とは何ですか?

発達障害とは脳の器質疾患による、先天性の障害です。

 

遺伝上、何らかの疾患が有意に働き、

それが発達を一部阻害する形で現れたのか、

胎児のときに、成長の過程で脳の器官上に異常が出たのかは、

人によって異なりますが、

生まれる前に何らかの異常が生じて、

発達障害になったことには変わりがありません。

 

心臓や腎臓などの臓器に異常があったり、

目が不自由もしくは足が不自由など

外見でわかる何らかの異常が

あったりするわけではないので、

出生前の検査で分かる場合は

ダウン症を除いてほとんどありません。

 

また、そのように一目でわかる疾患がなく、

言葉を話しだしたりしてから

つまり1から2歳を超えてから気付くことがほとんどですので、

「育て方が悪かった」とか「環境が良くなかった」と

親が責められたりすることが多くありました。

 

今までも多くの誤解を生みだしてきましたが、
現在では、それらはすべて否定されています。

 

繰り返して強調いたしますが、

育て方や環境でなる病気ではありません。

 

異常があるのに、

人によっては成人になってから気付くこともあります。

 

発見が遅れるだけで、

全ての原因は生まれる前の

脳の形成段階時にあったということが

発達障害の特徴と言えます。

発達障害をどうにかしたいあなたへ

アスペルガー・ADHD・発達障害改善マニュアル

Sponsored Link



コメントを残す