発達障害者支援法とは何ですか?

平成17年4月に「発達障害者支援法」が施行されました。

 

これはこれまでの障害者全般における法律とは異なり、

障害の気づきや対応が遅れがちであった

自閉症やアスペルガー症候群、学習障害、ADHDなどの

広汎性発達障害に対して、

それぞれの障害特性やライフステージに応じた支援を

国や地方自治体、国民の責務として定めた法律です。

 

この中で、児童について書かれた第2章の

「早期の発達支援」について見てみましょう。

 

この「早期の発達支援」についての施策として

「障害児通園施設」と「児童デイサービス」が掲げられています。

 

「障害児通園施設」とは、

それぞれの都道府県で

障害児の専門的な指導訓練を行う施設です。

 

対象者は、身体もしくは知的障害のある児童で、

児童相談所の判定を通して認定されます。

 

都道府県で定められているので、

すべての市町村で設置されているわけではありません。

 

お住まいの市町村に問い合わせる必要があります。

 

「児童デイサービス」とは、

都道府県が指定する指定障害福祉サービス事業者が、

障害児に日常生活における基本的動作の指導や

集団生活への適応訓練を行うことです。

 

発達障害児を含む障害児が対象となりますが、

市町村が調査を行ったうえでの利用となります。

発達障害をどうにかしたいあなたへ

アスペルガー・ADHD・発達障害改善マニュアル

Sponsored Link



コメントを残す