発達障害には、お金がかかりますか?

発達障害であることの診断の方法には、

「問診」「視覚検査」「聴覚検査」「脳波検査」「CT検査」

など様々です。

 

知的な発達の遅れを調べるためには、

IQテストとも言われる「知能検査」も行います。

 

発達障害も様々な種類がありますので、

方法もどの方法で行われるのか流動的です。

 …

 この記事の続きを読む

発達障害をどのようにチェックしますか?

赤ちゃんが生まれると、どこの地方自治体でも、

0歳児に何回かと、

1歳6か月前後と3歳前後に乳幼児健診を実施します。

 

案内のはがきが届き、指定の日に健診を受けに行きます。

 

0歳児に受ける乳児検診は、

正常な発育や親の子育てに対する悩みの相談が主な目的ですが、

1歳6カ月と3歳の時に行う検診は

身体面や運動機能の発育だけでなく、…

 この記事の続きを読む

発達障害者支援法とは何ですか?

平成17年4月に「発達障害者支援法」が施行されました。

 

これはこれまでの障害者全般における法律とは異なり、

障害の気づきや対応が遅れがちであった

自閉症やアスペルガー症候群、学習障害、ADHDなどの

広汎性発達障害に対して、

それぞれの障害特性やライフステージに応じた支援を

国や地方自治体、国民の責務として定めた法律です。

 

この中で、児童について書かれた第2章の…

 この記事の続きを読む

発達障害の診断を受けるとどうなりますか?

お子さんが幼稚園や学校の担任から、

発達障害かもとほのめかされたり、

一度診察を受けてはと勧められたときどうすればよいでしょうか。

 

「障害」とか「精神科」という言葉で躊躇してしまい、

なかなか足が向かない人も多いでしょう。

 

ですが、発達障害は、先天性の脳の障害ですが、

改善しないのではなく、

適切な治療と周りの理解で大きく改善できるのです。

 この記事の続きを読む

発達障害の特徴とは何ですか?

発達障害とは脳の器質疾患による、先天性の障害です。

 

遺伝上、何らかの疾患が有意に働き、

それが発達を一部阻害する形で現れたのか、

胎児のときに、成長の過程で脳の器官上に異常が出たのかは、

人によって異なりますが、

生まれる前に何らかの異常が生じて、

発達障害になったことには変わりがありません。

 

心臓や腎臓などの臓器に異常があったり、…

 この記事の続きを読む

発達障害者支援センターはどこにありますか?

 発達障害者または発達障害児を支援する専門機関が
「発達障害者支援センター」です。

 

都道府県が、または都道府県が指定した

社会福祉法人や特定非営利活動法人などが運営しています。

 

発達障害者の悩みの相談や、

療育を受けたいがどこに行っていいかわからないときなど、

発達障害に関する事柄で

訪ねていいところが分からないときも、…

 この記事の続きを読む

発達障害者の仕事にどんな助けがありますか?

発達障害者が就職を希望する場合、

どのような支援を受けることができますか。

 

ハローワークに職を求めに行く発達障害者は、

今まで一般枠で働いていたが、

何らかのきっかけで仕事が続けられなくなり、

医療機関で発達障害と診断を受けた人が多いです。

 

20代の半ばから30代の人が多く、

6から7割はアスペルガー症候群と診断された人です。…

 この記事の続きを読む

発達障害の赤ちゃんの特徴は何ですか?

発達障害の中でも

自閉症は3歳までに診断できる障害ですが、

言語やコミュニケーションで

異常を発見することが多いですので、

なかなか赤ちゃんの時から

発達障害を疑って観察することはありません。

 

保健所における集団検診でも、

異常を指摘されることはまずありません。

 …

 この記事の続きを読む

発達障害のアスペルガー症候群とは何ですか?

広汎性発達障害の一つである自閉症は、

1.コミュニケーションの障害

2.対人関係・社会性の障害

3.こだわりが強すぎて、興味や行動に非常な偏りがある障害

の三つの症状が満3歳になるまでにはっきりと認められます。

 

ですが、対人関係や社会性には問題があるが、

コミュニケーション能力や、言語や認知能力には障害がない

広汎性発達障害をアスペルガー症候群と呼びます。

 …

 この記事の続きを読む

発達障害児に遊びを使ってどのように教えますか?

発達障害を抱える子供たちは、

遊びを通して療育を進めていくことができます。

 

発達障害は先天的な障害ですので、

遺伝的要因や脳の器質疾患による病気で、

後天的に、つまり環境や育て方でなった病気ではないのです。

 

どのように遊びを利用していくことができるのか、

見ていきましょう。

 …

 この記事の続きを読む

発達障害は遺伝しますか?

発達障害は、先天性の障害です。

 

先天性の障害と言うのは、

生まれる前から遺伝的に決まっている病気のことです。

 

ですから、発達障害は遺伝する病気なのです。

 

後天性の障害、または病気は、環境や習慣などで生じるものです。

 

たとえば、歯の管理を上手にしなくて虫歯になったり、…

 この記事の続きを読む

発達障害の種類は他に何がありますか?

他の発達障害と比べ、発症確立は低いですが

レット症候群というものがあります。

 

レット症候群は、自閉症とは異なり、

ほとんどの場合女児に見られる広汎性発達障害の一つです。

 

生まれるときには、異常は見当たらないのですが、

生後6カ月から8カ月くらいになると、

今までできていたお座りができなくなったり、

揉み手のような動作や口を手に入れる動作を…

 この記事の続きを読む

発達障害児にどのように育児を行いますか?

発達障害を抱える子供には、

どのように育児を行えばよいでしょうか。

 

その年齢の子どもに期待される注意力の欠如や、

多動性や衝動性が見られる障害です。

 

そしてその不注意さや多動性や衝動性が

日常生活に支障をきたす水準にあります。

 

広汎性発達障害の一つですので、…

 この記事の続きを読む

発達障害の生きづらさとは何ですか?

発達障害児を持ち、

療育センターに小学生の子どもを連れて通う母親に、

悩みについて調査を行いますと、決まって子どもの将来、

子どもが社会で受け入れられるのか、

そして障害に対する偏見の三つが多く回答されます。

 

今回は、その子どもの将来についての母親の悩み

を見ることで、発達障害の生きづらさについてみていきましょう。

 

幼い時から、人一倍心配して手をかけてきた子どもが、…

 この記事の続きを読む

発達障害とうつはどう関係がありますか?

本人が抱えている困難さを

周囲が理解して対応がうまくできていないために、

本来抱えている困難さとは別の

二次的な情緒的または行動的な問題が表出することを

「二次障害」と言います。

 

ここでは、「うつ病」として表出する場合の

精神面・身体面の特徴を見てみましょう。

 

発達障害のうつ病の発露、精神面

 この記事の続きを読む

発達障害児の運動による療法は何をしますか?

発達障害は根本的な治療はできなくても、

より社会や家庭に適応して生活することを目標とした「療育」

というプログラムを受けることで、

本人も周りもストレスを減らすことができます。

 

この療育には多くの種類がありますが、

今回は運動による理学療法について見てみましょう。

 

理学療法とは、初めに、

対象となる発達障害児の綿密な検査や測定や評価をします。…

 この記事の続きを読む

発達障害とどううまく付き合う事ができますか?

ADHDである疑いは小学校入学前に現れることが多く、

その特徴である不注意さや多動性や衝動性は

小学校中学校を通して見られます。

 

発達障害の中でも、比較的遅く発見される可能性がある

ADHDとは、どのようにうまく付き合うことができるでしょうか。

 

まず、うまく付き合うためには、

障害の特徴を知っておくことが重要です。

ADHDの特徴について見ていきましょう。…

 この記事の続きを読む

発達障害の絵で何が分かりますか?

発達障害があるのか、また、どの程度であるのかを知るために、

心理検査を行います。

心理検査には、発達検査と、知能検査、人格検査の三種類があります。

 

ここでは絵で示す人格検査について見ていきましょう。

 

人格検査とは、誰に対しても同じもので統一された

質問や図版などの特定の刺激を提示し、

それに対する反応(答えそのものより、答え方や態度など)

を分析することで、…

 この記事の続きを読む

発達障害児は大人とどう関わりますか?

発達障害を抱える子供たちは

大人に対して、独特のかかわり方をすることがあります。

 

どのように大人とかかわることが多く、

また、どのように発達障害を抱える子供と接すればよいのか

見ていきましょう。

 

発達障害の子どもは、

社会性・創造性・コミュニケーション能力の三つに

障害があることが多いです。…

 この記事の続きを読む

発達障害の大人はどのような症状がありますか?

発達障害は、広汎性発達障害とも言われますが、

自閉症以外は幼児期に言葉が出てこないなどの

目立った発達の遅れがないため、

障害として認識されることが遅れることがあります。

 

成長とともに、本来の

「コミュニケーション能力の欠如」や「低い社会性」、

「強いこだわりと関心の偏り」といった特徴が

はっきりしてくることが多いです。

 …

 この記事の続きを読む

お困りの方へ

アスペルガー・ADHD・発達障害改善マニュアル

Sponsored Link